ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年5月8日月曜日

[ライブレポ]  GOLD RUSH 2017(パンキング隊 with YKC、Rearend17、ガールズロックバンド革命、SEKIRARA)

5月6日(土曜日)名古屋・栄近辺の各ライブハウスにて開催された
サーキットイベント「GOLD RUSH 2017」に行ってきました。

翌日の5月7日は毎年恒例のCOMIN'KOBEに行くにもかかわらず
FROZEN CAKE BARが出るということと、ガールズロック系のバンドが
数多く出演するサーキットフェスということでこちらにも行くことに。
会場は今年2月に開催されたでらロックフェス(レポはこちら)と同じく
APOLLO BASEやTIGHT ROPEなどで開催。
すっかり名古屋のライブハウス事情にも詳しくなってしまいましたね。




・パンキング隊 with YKC

[セットリスト]
・カラコン(YKC)
・POSING GREEN(YKC)
・ブラインドコミュニケーション(YKC)
・孤高のヲタゲイザー(YKC)
・PANKINGOOD!!(パンキング隊)
・しんぶんのぶんしん
・カレーが食べたい
・チェキを遺影に
(本人Twitterより引用)

トップを飾るのは、中日新聞発のゆるキャラアイドルグループのパンキング隊と
4人組ヴィジュアル系バンドのYKCによるコラボステージ。
まずはYKCが登場。メンバーはボーカル、ギター、ベース、客寄せパンダの計4人。
シンセを多用したV系ロックサウンドと、モジモジ君みたいな衣装を着たボーカル、
そしてパンダのコスプレをした人がステージ上で楽器も弾かずに踊りまくるのが
とっても面白かった。時にはシャウトを交えたり、「お前が一番」
「イェッタイガー」などと書かれた大きな紙を掲げたりなどして、
お客さん達を盛り上げようと必死。なおパンダの名前は邪ヰ子さんだそう。ジャイ子か!
ボーカルのクララさんは自他共に認めるアイドルオタクであるそうで、
楽曲の方もオタクの気持ちを歌った曲が多数。MCでは今回パンキング隊という
アイドルとコラボできたということで夢が叶ったと大喜びしてました。
V系で面白いライブをやってくれるバンドって探せば数多くいるんだなと
あらためて実感できる。ゴールデンボンバーだけじゃない。
このバンドのキャッチコピーは「King of わざわざ金払うほどじゃないけど、
対バンにいたら盛り上がるバンド」これにも笑ってしまいました。


YKCが計4曲歌い終わった後にパンキング隊が登場。
両サイドの女性アイドル2人に加えて、センターには謎のゆるキャラが出現。
見た目は何と形容したらいいのか。たくあん、かまぼこ、ドラミちゃんなど
いろいろと考えてしまった。このゆるキャラの名前が「パンキング」。
コンセプトは「しんぶんのぶんしん」だそうで足元辺りには中日新聞の文字も入ってました。
楽曲の方は王道アイドルポップス。その中でも「カレーが食べたい」という曲は
とりわけキャッチーで、YKCの皆さんによる生バンド演奏付きのステージも見ていて楽しかった。
サビの「♪カレーが食べたいよー」の後には「オレもーー!」とYKCのパンダが
掛け声を入れてくる。もはやただのアイドルオタクだ。
パンキングとパンダが同じステージに上がるというカオスなライブで面白い。

エンディングではYKCのメンバーがパンキングにマイクを向けて話を聞こうとするも
それを見たパンキング隊のメンバーからは「活字体だからしゃべらないよ」
確かに新聞はしゃべらないよな。同じゆるキャラでもしゃべる上に歌まで歌うふなっしーは異常。
そして去り際にパンキングがお客さんに向けて手を振ると、再び会場からは歓声が。
もはやパンダのお株を奪う人気っぷり。この日1発目から楽しいコラボステージが見られて良かったです。




・Rearend17

地元名古屋出身の4人組哀愁メロディックパンクバンド。
男女ツインボーカルで聴かせる和パンクは斬新でカッコ良いと感じられた。
似たタイプのバンドを挙げるならUNLIMITSになるが、中には和楽器バンドの
曲に近いほどに和の要素が強い曲もあったりするのがまた面白い。
事前に「九字の印」を試聴した時点から相当期待していましたが
ライブで聴くとあらためてこの曲はクサメロ歌謡メロ全開の名曲だなと。
歌詞に英語詞が多いのはご愛嬌ということでしょうか?




・ガールズロックバンド革命

2013年に結成された大阪出身3ピースガールズバンド。
最近のガールズバンドシーンでよく名前を聞いていたので気になってましたが
こちらは事前に試聴した時の予想以上の、ド迫力なライブステージを見せてくれた。
特にドラマーのJUNNAさんは見た目小柄でも演奏パフォーマンスはフルパワー全開で
一体何を食べたらそんなエネルギーが湧いてくるんだろうかと思った。
Gacharic Spinのまいちゃん以上にたこ焼きのタコだけ食べまくってるとかか?(参照)
曲の方もメロディがしっかりしてるしボーカルにも勢いがあるということで
普通にこれから期待できるガールズバンド。この日の収穫の1つでした。




・SEKIRARA

2014年に結成された大阪発4人組ガールズロックバンド。
2015年にはNAONのYAONにも出演、こちらもガールズバンドシーンでは
よく名前を聞くバンドでした。楽曲を聴いた感じではチャットモンチーあたりに
影響を受けてそう。そういう系統のバンドが好きな人はハマるタイプかな?
MCでのボーカルのしゃべりはコテコテの大阪人そのもので意外なまでに親しみやすかった。
でも名古屋にはライブでもなければ行くこと無いとか言うのは失礼やでって、
ケンミンショーなどのTV放送でも大阪人からは行くこと無いと言われ続ける県に
住んでる者としては指摘しておきたい。どっちも近鉄ですぐ行けるんやで。



(続く

0 件のコメント: