ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年2月11日土曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(ミライスカート、月と太陽、STANCE PUNKS)

(前記事はこちら)

でらロック2日目はダイアモンドホールと同じ建物の地下1階にある
SPADE BOXからスタート。2日目のアイドル系のライブの会場は他の会場とも近いので
良かったですね。これならば目にも止まらぬ速さで忍者のように瞬間移動できる。




・ミライスカート

京都発はんなり&ポップな3人組アイドルグループ。
とある行きつけのキャスにて紹介されていた、昨年リリースの名曲
「千年少女~Tin Ton de Schon~」を2曲目に聴けて良かったです。
デジタルかつポップでアイドルの王道。ルックス的にもこの日見たグループの中で
トップクラスに可愛かった。観客も多かっただけに2017年のブレイク候補か?




・月と太陽

「闇と光の二面性アイドル」というコンセプトで活動する3人組グループ。
ライブは初めてどころか今まで名前も知らなかったグループでしたが
これが思わぬ収穫。ロック系アイドルならではの二面的な魅力を感じた。
しかし今年4月をもってメンバー3人中3人が卒業するらしい。
そして誰もいなくなった。今後は新メンバーでの活動再開があるだろうか?


この後は5階まで階段を駆けのぼってダイアモンドホールに行き
Dizzy Sunfistを約1年半前の青森遠征以来(レポはこちら)ちょっとだけ見て、
そしてまた階段を駆け下りて、隣の建物の地下にあるAPPOLO BASEまで
入場規制になる前にダッシュで行ってきました。こういうフェスでは1組でも多く観たい(定期)




・STANCE PUNKS

今年で結成20周年を迎えた4人組パンクロックバンド。
なんで今までもチャンスがありながらライブに行ったことが無かったの?と
後悔してしまうぐらいに素晴らしいライブでした。
全英語詞で軽快な洋楽風パンクもある中でそれとは対照的なまでに
歌メロからしてジャパニーズパンクで、なおかつ歌詞や歌唱からも
地の底から這い上がるかのような必死さを感じられて、これには感動した!
初期の代表曲の「クソッタレ解放区」も聴けて良かったし、会場も終始大盛り上がり。
MCでこの後登場のガガガSPの皆さんのことを汚いおっさん呼ばわりしてたのには
不覚にも笑ってしまいましたが、これまでよく対バンしてきているだけに
機会があればそちらの方も行ってみたくなりましたね。



(続く

0 件のコメント: