ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年2月10日金曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(FRUITPOCHETTE、青SHUN学園)

(前記事はこちら)


・FRUITPOCHETTE

愛媛出身、ひめキュンフルーツ缶の妹分としてデビューしたラウド・メタル系アイドルユニット。
今から約2年半前、同じく名古屋にて開催されたガチャフェスこと
「Electric Lady Loud」にて1度見て以来、久しぶりにライブを体験することに。
(当時のレポはこちら)この日はElectric Lady Loudで初めて観た歌手が
前記事のMary's Bloodも含めて計3組もいるってどういうことだ。
それはさておき、ライブの方は約2年半前に見た時以上にスゴかった。
前回は2曲目以降が単調に感じた部分もあったが今回はそれもなく、
楽曲の幅が広がったと同時に2人のライブパフォーマンスもより躍動感が増した。
フルポシェで一番のキラーチューン「蒼天-Paradox-」が聴けたのも良かったし
ライブ終了後は思わずFRUITPOCHETTE優勝!とその場で宣言しまうほど
興奮と熱狂のライブでした。もうベビメタフォロワーとは言わせないとばかりだ。
3月には同じく愛媛出身のSEX MACHINEGUNSとのコラボシングル
「絶命のダッコちゃん」のリリースが決定ということでとても楽しみ。
コラボライブツアーもやるということで、こちらも行けたら行こうかな・・・
一緒にみかんみかんみかん!愛媛のみかんは世界一!と歌えたらいいっすね!




・青SHUN学園

福岡発ロック系アイドルグループ。wikiによれば女性アイドルグループと
男性ロックユニットが合体する形で結成されたということらしいです。
昨年のJAM EXPOにて、JAMつながり(?)で影山ヒロノブさんの曲を
カバーしていたという話を聞いたので即現場に来てしまいました(参照)
音楽系ブログ界で自分しか推しがいないJAM Projectを出されたらそりゃ行くしかないっすよ。

この日はまず青SHUN学園の生徒である女性メンバー4人が登場し1曲歌った後、
曲終了後には学園長のSHUNさんがステージに登場し、MCで場を盛り上げる。
そして2曲目では、学園長が生徒達の中に混じってダンスと歌を披露。
なんで女性アイドルグループの中に男が入ってくるんだ!とツッコミたくなったが
しかし楽曲の方は男性コーラスが加わったことで、
他のアイドルの曲とはまた一味違う味が出ていて意外と良い感じだ。
元々男女ツインボーカル擁するアーティストは大好きですからね。
moveやハイカラやJAM Projectなどが好きな人にはおすすめですよ・・と思いきや
3曲目ではなんと、学園長が生徒達を差し置いてソロで歌い始めてしまったじゃないか!(笑)
しかしこれがまた上手い! この日見た歌手の中だとKNOCK OUT MONKEYなどにも
十分対抗できるほどだ。やっぱりJAMに影響受けてるのか?とも思える見事な歌唱だ。

そして今回のライブで圧巻だったのはラストナンバーとなったタオル回し曲。
学園長の掛け声にのせられる形でファンがサークルを始めたかと思いきや
女性メンバー全員がステージから客席に降りてきて、
さらには先ほどまで隣の会場でライブをしていたアイドルグループ
「ぴゅあ娘」の皆さんも加わり、二重丸を描く形でサークルで盛り上がる。
輪の中に入り損ねてしまった人の前にはメンバー達がやってきて、
すぐ近くで輪を組んでいる人達の中に入れてもらえるように手を取ってくれる。
こんなにも間近にメンバーがいてくれて、メンバーの皆さんと一緒に
ライブの輪の中に入れて、全てのファン達と一体となって盛り上がれるなんて、
最高の一言に尽きる。ステージ上にはサークルのどさくさに紛れてか
男性客3人ほども登ってきて学園長と一緒に盛り上がってる。それもまた楽しい。
フルポシェの時にたくさんいたはずのお客さんはその後ダイアモンドホールの
PassCodeに行ってしまったのか(?)現場の人数自体は少なかったが、
それでもライブの内容でいえば、このグループが作ることを目指している
「日本一の現場」を本当に名乗ってもいいと思えた。
でらロック1日目の優勝は、青SHUN学園に決定です!
優勝候補が多数の激戦となりましたが、最後に全てもっていかれた。
この一体感には感動すら覚えましたよ。



ライブが終わったのは21時29分。もし予定通り21:25に終わっていたならば、
21:30からのHEADLAMPのライブを観るために、近くのコインパーキングに
停めていた車を発車させて、RAD HALLからRAD SEVENまで
地下鉄2駅分を車で5分で移動するというウルトラCを考えてました。
だが今から行っても聴きたかった「NEW ORDER」に間に合わないかもしれないので
HEADLAMPはまた次の機会に・・・この日はもう燃え尽きました。でら最高の1日でした。


(2日目に続く

0 件のコメント: