ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年8月30日日曜日

[ライブレポ]  八食サマーフリーライブ 2015(Dizzy Sunfist、S.P.N POWER)

8月23日(日曜日)青森県八戸市、八食センター南側駐車場特設ステージで行われた
「八食サマーフリーライブ 2015」に行ってきました。

出演者は、
・Dizzy Sunfist
・S.M.N.
・FOUR GET ME A NOTS
・S.P.N POWER
・SECRET 7 LINE
・RADIOTS
・SUNSET BUS
・THE FOREVER YOUNG
・MEANING
・SABOTEN
・THE CHERRY COKE$
・ROTTENGRAFFTY
・UNLIMITS
・HEY-SMITH
・SiM
の計14組。(出演順。後から公式ツイッターにて確認いたしました)
なお当フェスは、全てのバンドを見てもらいたいという主催者の意向により
タイムテーブルは事前に発表されないという形になっており、
そのことから、名前が分からないまま見ることになったバンドも何組かいました。
前半は似たような感じのパンクバンドが多かったこともあり尚更区別がつきづらかったです・・・
よって今回は、特に印象に残ったバンドのみ感想を書いていくことにします。ご了承下さい。




・Dizzy Sunfist

大阪からやってきた女性ボーカルパンクバンド。歌詞は全英語詞の正統派パンク。
1曲1曲が短いこともあり、約30分弱の間で8~9曲ぐらいは演奏されました。
どれも疾走感満点の曲ばかりで、その勢いのままにMCではボーカルが「おは食!」
と叫んだり、興奮のあまりに「何言ってるか分からない」と自分で言ったり、
しまいにはこの八食サマーフリーライブを「日本の宝石箱や~!」と彦摩呂風に表現したりと、
終始ハイテンションな姿が印象的でした。トップバッターとしてこのフェスを存分に盛り上げてくれたと思います。




・S.P.N POWER

[セットリスト]
・明日の鍵
・防風林の向こうに
・1月の終わり (新曲)
・風が吹いている
・故郷よ
・街灯の下
・鳴かない空

地元青森を中心に活動する3人組インディーズバンド。今回最も楽しみにしてました。
まずはメンバー3人と同時に、バンド名が書かれた大きな旗を持った人も登場。
応援団長みたいでカッコいい。旗持ちがいるバンドというのは初めて見ました。

そして早速2013年リリースの2ndアルバム「この風の向こうに」(レビューはこちら)から
「明日の鍵」「防風林の向こうに」と立て続けに2曲を披露。期待通りのライブステージでした。
歌唱、演奏、そしてコーラスの迫力が、三位一体となって押し寄せてくる。
それに加えてここまで登場したバンドの中でもメロディがダントツに良いと、
あらためて実感。パンクロックを基調にしながらも、北日本情緒を感じるメロディだなと。

MCでは、まずはボーカル&ベースの高取宏樹さんが結成15年を振り返り始めました。
「15ともなれば思春期を迎える頃・・・何言ってるんだ」と自分で自分にツッコミを入れた後、
「年は30代になり、立ちも悪くなり・・・」 下ネタじゃないか(笑)
なお、ここまでバンド活動を続けていく中ではメンバーチェンジが何度もあったそうで、
「15年の間で、ドラムは10人以上替わった」「会場には元ドラムが6人来てます。
元カノは計7人・・いや7人もいないからそれより多い」 これには会場全体から笑いが。
意外としゃべりも面白い。硬派ながらもユーモアがある。
さらにその後には、北日本のバンド達の気持ちを背負ってここまでやってきたという、
この八食サマーライブに対する思いを語っていたのも印象的でした。
「北日本代表として2時間ぐらいライブしますか」本当にそれぐらいやって欲しいんですけどね!

続いては、今年の冬に父が亡くなったことがきっかけで作られた、
新曲「1月の終わり」が歌われました。冬の寒さにも耐え、強く生きてきた父親のことを
思う気持ちがこもった素晴らしい曲。ぜひ早くCD化して欲しいです。
その後は、父の遺言でもある戦争反対を歌った曲「風が吹いている」、
1stアルバムの収録曲「故郷よ」、弘前のスラム街で作った曲「街灯の下」を披露。
「街灯の下」では盛り上がりのあまり観客の白髪のおじいさんがダイブ。
これには驚き。結構ファン層が幅広いんですね。

そしていよいよラスト曲に。今年の夏の高校野球では、仙台育英が決勝まで進むも
またも東北勢が優勝まで届かなかったことが残念だと語った後、
「東北に光を」という気持ちを込めて、バラード曲「鳴かない空」が歌われました。
「♪ここまでかと土を拾い」という歌詞は甲子園の砂を集める球児たちを彷彿させますね。
これまでの曲の中でもサビのキーが最も高い曲を、たとえ声が枯れようが全力で歌う。
その姿には感動しました。思わず泣けてくるほどに。

計7曲、北の大地で生きる者たちの熱き魂がこもった素晴らしいライブステージでした。
当ブログとも相互リンクさせて頂き常々お世話になっている、
「報告書再提出」のTAIGA=DYNAMITEさんも今年の出演バンドの中で一番良かったと
絶賛するほどでございました。こんなバンドが地元にいるとはうらやましいです。
あらためて、このライブのために青森まで来た甲斐がありましたね。



(続く

0 件のコメント: