ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年8月10日木曜日

[ライブレポ]  TOKYO IDOL FESTIVAL 2017(GANG PARADE、絶対直球女子!プレイボールズ、はっちゃけ隊 from PASSPO☆)

(前記事はこちら)

この後は11時10分から5G STAGEにて開催されるPASSPO☆の本日1回目のライブに
行く予定でしたが、その前の11時00分からの強がりセンセーションが気になったので
1曲だけでも観てこようかなと思い、フジテレビ湾岸スタジオ屋上にある
SKY STAGEまでダッシュで行ってみるも、まさかこんなに距離が離れてるとは思わなかった。
会場の南端まで走り、エレベーターに乗ってようやく到着かと思いきや、

もはや登山じゃないか。他の各会場とは離れ過ぎ。陸の孤島というか天空の孤島だ。


景色は見ての通り良いんですけどね。
強がりセンセーションのライブの方は期待していた曲が今回は聴けずだったので
1曲ちょいで切り上げて、PASSPO☆のライブ会場に行くために
エリアの南端から北端まで走るも、着いた頃には結局入場規制で間に合わず・・・
これは失敗だったとしか言いようがない。いくら8月20日のワンマンに行くとはいえ。

次は11時50分からフジテレビ湾岸スタジオ屋内にあるライブステージ、
DOLL FACTORYにて開催されるGANG PARADEのライブのために
再び会場の南端まで戻ることに。いつもそうだがフェスに行くたびに
1人マラソン大会をやってしまうのは我ながらなぜなんだろう?
しかも8月の炎天下の中で。このせいで午前中から体力を消耗してしまって
後半に影響が出たのは反省点ですね。1人反省会だ。



・GANG PARADE

[セットリスト]
・Plastic 2 Mercy
・Plastic 2 Mercy
・Plastic 2 Mercy

ライブステージを観るのは4月に大阪で開催された「IDOL ROCKS!」以来。(レポはこちら)
まず1曲目「Plastic 2 Mercy」から観客たちの盛り上がりがスゴかった。
Bメロ部分では一斉に両隣の人と肩を組み、右に左に揺れ動く。
カミヤサキさんがBiSにレンタル移籍中なのがメンバー達の歌唱に
どう影響するかなと思ったもののライブパフォーマンスも素晴らしく、
こんなにも一体感満点のライブに参加できて良かった!という感想を書くはずが・・・
なんと1曲目の終了直後にまたしても「Plastic 2 Mercy」のイントロが流れてきてしまい
これには観客たちの一部から笑いが起こる。そして2曲目も「Plastic 2 Mercy」。
さらに2曲目終了後にはまたまた「Plastic 2 Mercy」のイントロが流れてきて
これには開き直ったかのように歓声が。3回目は半ばヤケクソで参加しましたよ。
BiSといいGANG PARADEといい、WACK所属グループはなぜTIFで同じ曲縛りをやるのか?
ということで19時30分にHOT STAGEに登場予定のBiSHも昨年同様に全部同じ曲を
やることが確実だと思ったので、その時間は風男塾の方に行くことを決めました。
今となってはIDOL ROCKSで「FOUL」「pretty pretty good」の2大傑作曲を
生で聴いておけて本当に良かったという気持ちでいっぱいです。

この後は野外ステージのSMILE GARDENに移動。
到着した頃にライブをやっていたFES☆TIVEのラストの曲「シダレヤナギ」が良かったので
GANG PARADEは2曲目のイントロで切り上げてこっちに行ってれば・・って思った。



・絶対直球女子!プレイボールズ

[セットリスト]
・ダイビングキャッチ
・内野でも外野でもいい球場へ連れて行ってね
・ありがとうをフルスイング

2015年3月に結成された7人組野球アイドルグループ。
メンバー全員が元野球部・ソフトボール部、野球部マネージャー、元チアリーダー、
吹奏楽応援団など、何らかの形で野球に携わった経験を持っているという
ガチの野球アイドルということで、音楽系ブログ管理人兼草野球プレイヤーとしては
大いに期待して楽曲はほぼ全て予習した上で行きました。

まずはメンバー7人全員が野球ユニフォーム姿でステージに登場。
それに加えて同じく野球ユニを着た男性スタッフが2人登場して一緒に踊る。
まさか女性アイドルの祭典で男どものダンスを見るとは思わなかったぞ。
1曲目は「ダイビングキャッチ」。歌詞が野球関連フレーズ満載で
EDMサウンドもカッコ良くて、ライブで一番聴きたいと思っていた曲でした。
こんな感じの選手入場曲って実際ありそう。阪神の金本監督の現役時代の入場曲もEDM調だったな。
メンバー全員左手にグローブをはめてのダンスパフォーマンスも面白かった。
これには観客たちも一緒に左手を伸ばしてのダイビングダンスで盛り上がる。
先週にセンターの守備でダイビングキャッチ失敗したことは忘れて一緒に盛り上がりましたよ。
ラスト曲の「ありがとうをフルスイング」はこちらのCD盤の方ではバラード調の曲だが
今回のライブではアップテンポ曲となって生まれ変わった。
男性スタッフ2人がバットをエアギター代わりにしての
演奏パフォーマンスなども見せたりと、最後にふさわしく大いに盛り上がったが、
メンバー達のサインボール投げ入れを期待してたのに無かったのは
残念だったかなと感じてしまった。がんばれ!Victoryがかつてそれをやってたからだ。
ともあれ計3曲だけでなくもっと観てみたいと思えるグループでした。
次は延長戦(アンコール)になるほどの試合(ライブ)に参加してみたい!



・はっちゃけ隊 from PASSPO☆ 

[セットリスト]
・気分はサイコー!サイコー!サイコー!
・祭りを呼ぶ漢
・Born this うぇ~い

PASSPO☆の計4人のメンバーにより結成された派生ユニット。
メンバー全員がサングラスとハッピ姿で登場、さっそくお祭り開始。
まず1曲目はPASSPO☆の3rdアルバム「JEJEJET!!」の収録曲である
「気分はサイコー!サイコー!サイコー!」。
やっぱりこの歌の上手さ、この見事なライブパフォーマンスからして
格の違いを感じずにはいられなかった。続く2曲目「祭りを呼ぶ漢」では
和風お祭りロックサウンドにのせてお神輿を担ぎながら踊ったり、
ラストのタオル回し曲「Born this うぇ~い」ではタオル5~6枚ほどを
結んでつなげた縄でなわとびをしたりと、とことん楽し過ぎるライブ。
これには見ている方も一緒に思いっきりはっちゃけてうぇ~いできたので
一躍現時点での優勝候補に名乗りをあげました。やっぱりライブはこういうのがサイコー!


(続く

0 件のコメント: