ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年4月12日水曜日

[ライブレポ]  IDOL ROCKS!(椎名ぴかりん、Hauptharmonie、偶想Drop)

(前記事はこちら)

・椎名ぴかりん

[セットリスト]
・魔界のI LOVE YOU 
・魔界女子恋モード
・魔界行進曲
・土下座ロード第一章
・下僕 GEBO GEBO!!
・バババーババウムクーヘン
・ドゲザナイ~お前をひざまずかせてやろうか~

魔界からやってきた魔界人アイドルがIDOL ROCKSに降臨。
昨年2月に出演したでらロックフェス(レポはこちら)で初めてライブを観た時の衝撃は
そりゃもう半端なかっただけに、今回も非常に楽しみにしてました。

可愛い歌声とデスヴォイスは健在、加えてシャウトがより一層迫力を増していたのには驚き。
時には白目を剥きながら歌ったり、「土下座ロード第一章」ではヴォオオオオオオの後に
ギャーーーーーーという叫びが響き渡ったりと、まさに会場が魔界へと堕ちていった。
新曲の「下僕 GEBO GEBO!!」では下僕(男性ファン)どもに向けて吐くまでヘドバンを要求、
そして最前列の魔界女子(女性ファン)と共に一斉にヘドバン。
その光景はまさに圧巻だった。一緒にヘドバンできてとっても楽しかった。
同じく新曲の「バババーババウムクーヘン」を歌い一旦退場した後は
下僕どもが観客全員に土下座を呼びかけるアナウンスが響き渡る。
「前の方はゆっくりと後ろに下がっていって、ぶつからないように土下座を・・」
「清掃員の皆さんも御協力お願いします!」これには笑った(清掃員=BiSHのファン)
そして全員で土下座をすると、ぴかりんが再び登場。すぐさま「ドゲザナイ」が始まり
ぴかりんがステージの柵を乗り越えて客席に、しかも目の前に来たーっ!
ついに土下座で背中を踏んづけてもらえる!!と思いきや直前で右方向に
カーブしてしまい、結局踏んでもらえなかった(泣)
なぜだ・・・魔界人は魔界人でも自分は悪魔教(聖飢魔Ⅱ)の方の信者だったからか?

サウンドの作りや、土下座ヘドバンなどを加えたライブのノリは
ヴィジュアル系バンドに近いものを持ってると思うだけに、
これからもアイドルフェスだけではなくバンドとも共演したり
フェスに出演したりなどにも期待したい。実際人気も確実に上がってきているのが
この日のライブの盛り上がりで実感できた。地球侵略は着々と進んでいる・・・




・Hauptharmonie

2014結成、スカ系サウンドが特徴的な5人組アイドルグループ。
今年2月のでらロックフェスに続いて早くもライブを観るのは2回目と思いきや
3月に公式ブログにて解散を発表するというまさかの事態に・・・
ライブ前半に披露された、管楽器を多く取り入れたジャジーな曲は
やはり近年のアイドルグループの楽曲の中では唯一無二に感じられる。
後半ではよりロック色の強い曲も披露されたりと、バリエーションにも富んだ
ステージを見せてくれただけに、解散はもったいないと思うんですけどね。




・偶想Drop

「世界で1番激しいIDOL」をキャッチコピーに活動する4人組。
今回のライブで披露されることを楽しみにしていた曲「偶神」が
1曲目からいきなり来てくれた!しかもそれに加えて1曲目からメンバー全員が
次々と客席にダイブするという圧巻のステージを見せてくれた!
この日1、2を争うほどにフロアは熱狂、加えて歌詞にこめられたメッセージも素晴らしい。
「暴れまくって たまりにたまったストレス発散」「音楽は裏切らない」
「危ないイメージ強いけど 本当はみんな優しくて」「何度も助けてもらったよ」
これぞロック系アイドルのアンセム。当ブログの記事においても
ぜひ伝えたかったライブの魅力や感動を、そのまま歌にしてくれた。

その後もファンがライブハウスの天井部分の棒にぶらさがるというヲタ芸を見せれば、
メンバーは客席に向けて桜吹雪をばらまくライブパフォーマンスで応える。
最後の曲では再びメンバー全員が次々と客席にダイブすると、
その中のメンバーの1人はファン2~3人ほどに担がれ、
仰向け状態のままライブハウス内をぐるりと一周しながら歌ってくれた。
こんなにもブッ飛んでいて面白いライブが見られて本当に良かった!
そんじょそこらのガールズロックバンドのライブ以上にロックで
演者もファンも思いっきり弾けることができて、たまったストレスも発散できる。
ライブハウスに行って実際に体験しないと味わえない興奮がそこにあるんですよ。



(続く

0 件のコメント: