ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年9月19日月曜日

[ライブレポ]  Electric Lady Loud 2016(METALLIC SPIN、G∀LMET)

9月18日(日曜日)名古屋・Electric Lady Land、ell.FITSALL、ell.SIZEの
計3会場にて行われたサーキットフェス「Electric Lady Loud 2016」に行ってきました。

Gacharic Spinの主催により、今年で第5回目の開催となった
ガールズロック&ガールズメタルの祭典。2014年から3年連続で参戦し
(過去のレポはこちらこちら)今やフェス系ライブの中では
最も楽しみなものとなりました。私の中では日本一のフェスです。
今年は動員数が過去最高だったそうで、開演時間の16時直前にメイン会場の扉を開ければ
中は既に人でいっぱい。そして目の前にはHERe:NEのデッド子ちゃんがいました(画像)
いきなりこれが目に飛び込んできたらビックリするだろ!(笑)




・METALLIC SPIN

[セットリスト]
・Hellion~Electric eye
・Bark At The Moon
・Separate Ways
・Spotlight Kid
・Battery


トップバッターを務めるのは北欧からやってきた外タレ5人組バンド。
80年代メタルの魅力を伝えるために来日してくれたそうです。
楽器隊の皆さんは、見れば見るほどメンバー全員Gacharic Spinに似てるなと思いましたが
もちろん別人らしいです。バンド名まで似てるしこんな偶然ってあるものなんだな!
ボーカルのゲザン・サツポーロさんはどんな方か知らなかったので検索したみたところ
上から3番目にSABER TIGERの下山武徳さんのツイッターアカウントが出てきました。
いったい何の関連性があるのかは不明。それにしてもボーカルが男性で
楽器隊が全員女性というバンドは珍しいですね。逆ならよくあるのに。

セットリストは全曲が洋楽カバー曲。洋楽メタルには全く詳しくない私でも
その魅力が存分に伝わってくるステージでした。3曲目に披露された「Separate Ways」は
スポーツ番組の挿入歌などでよく聴いたことのある曲だったので(原曲はこちら)
これには特にテンション上がった。それ以外の曲もボーカルのハイトーンボイスは魂に響き、
楽器隊の演奏もズシズシと響いてくる。その中でもギタリストのカワイ・トモーゾさんという
Gacharic SpinのTOMO-ZOさんによく似たお方のギターの腕前は、
女性ギタリストとして世界レベルにあるのではと思えてくる。外タレだけに。

MCではメンバー全員が片言ながらも日本語を一生懸命しゃべっておられました。
まずはギターのトモーゾさんがMETALLIC SPINの音楽について、
私達はコピバン、他人の曲を歌うからBABYMETALみたいなもの、
だが古い曲を歌ってるからベビーメタルではなくババアメタルなどと説明。
しかしこれを聞いたキーボードのオレオ様もといアナーキー・ストッキングさんは
「ババアメタルはS〇〇〇-〇Aだよ」と一言。
このトンデモない失言には会場から笑いが起こり、他のバンドメンバー達からは
次々とツッコまれる。その後に慌ててアナーキーさんが観客たちに向けて、
この発言が本人達に知られたら怒られるから決してSNSなどには載せないでとお願い。
なので当ブログでもこの部分は伏字にしておきます。でないとNAONのYAON主催者に怒られますからね!
さらにボーカルのゲザンさんの話によると、今回のフェスの出演前にて、
なんと自分だけ楽屋が用意されてなかったという事件が起きていたらしいです。
Gacharic Spinの楽屋はあったがMETALLIC SPINは無い、俺の楽屋が無い、
俺は出演者の中で一番年上なのにどうなってるんだ!と憤慨する姿に、
会場は再び笑いに包まれる。このゲザンさんの発言には、ベースのKOGAさんもとい
チョパコ・ガーエフさんから「キャラがブレてるよ」というツッコミが(笑)
確かにこれは大御所的な存在であるSABER TIGERの下山さん・・じゃなかったゲザンさんに対して失礼過ぎるスタッフのミスだ。

MCだけ聞けばコピーバンドというよりコミックバンドだが、
演奏を聴けばガールズバンド離れしたド迫力。こんな外タレまで連れてきてくれる
Gacharic Spinはあらためて最高のエンターティナー集団であると実感。
本当こういう面白いバンドがもっと評価されて欲しい。高い技術があってこそできるのだから。




・G∀LMET

当ブログのライブレポではこれまでも何度か登場したことのある(初出はこちら)
メロディックデスメタルを奏でるガールズバンド。
まずは可愛らしい声で「ギャルバンなのに~こんなに重くていいのか~ 頭ふるふる~♪」
これに萌えた直後にデス声で「ギャ゛ル゛メ゛ッ゛ト゛デ゛ーーーース!!」
この自己紹介からして面白いし、曲の方もぜひ聴いてみたいとワクワクさせられる。
前半3曲まで聴きましたが、相変わらずどの曲も王道のメロデスナンバーばかりでブレないバンドだなと実感。
ボーカルのみっき~さんはこの歌い方でよく喉を壊さないよなと。あらためてスゴい。


(続く

0 件のコメント: