ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年2月13日土曜日

[ライブレポ]  PASSPO☆「Mr.Wednesday 東名阪フライトツアー」

2月10日(水曜日)大阪・ESAKA MUSEにて、
PASSPO☆の「Mr.Wednesday 東名阪フライトツアー」に搭乗してきました。

[セットリスト]

フライト前にはPASSPO☆のクルー(メンバー)の皆さんによるラジオが放送されたり
パッセンジャー(ファン)にサイリウムが配られたりもしたそうですが
私が着いたのは1曲目「Mr.Wednesday」が始まった頃だったので、
結局ラジオは聴けずサイリウムも準備できずもらえずでした・・・平日で18時開始は
やっぱり早過ぎる。既に離陸しかけてたところで飛び乗る形になってしまった。


今回のフライトツアーの目玉は3曲目に披露された、初の自己紹介曲「7's Up」。
各クルーがそれぞれ交代でステージ左側に立ち、ソロパートで自己紹介、
そして他の6人はステージの右側にてダンスで盛り立てる。
今まで見たことが無いようなフォーメーションで繰り出される
歌唱とダンスパフォーマンスに興奮させられた。楽曲自体も素晴らしかったが
同時にこのパフォを見せられるとより一層曲の迫力が増す。
各クルーのソロパートを聴いてみると、"もりし"こと森詩織さんの歌唱力は
飛び抜けて素晴らしいとあらためて実感。声量からして段違いなんですよね。

直後のMCでは「7's Up」の歌詞などについて語られました。
"あいぽん"こと根岸愛さんのソロパートでは「毛呂山のプリンセス」という
出身地の埼玉県毛呂山町にちなんだ歌詞が登場したり、
"あんにゃ"こと玉井杏奈さんは好物である地鶏が歌詞に入ってるといった話が面白かったです。

6曲目~9曲目はソロ・ユニットコーナー。
「君色のサンバ」は"なちゅ"こと岩村捺未さんと、あんにゃによる2人のステージ。
ラテン風のダンスが何とも艶やか。キスシーンにはビックリさせられた。
「Pock☆Star」はゆっきぃ、みおみお、なおみんが3人組バンドを組んで登場。
ツインギターとベースの編成で、ガールズバンド好きにはたまらないステージ。
「Shiny Road」はあいぽんのソロステージ。楽曲の方は超名曲、
ピュアで心洗われるポップソングなのですが、ソロで歌うには歌唱力が正直厳しいなぁ・・・
「無題」はもりしのソロステージ。格が違う。ぶっちゃけもりしがリーダーではないのかと
思ってしまうほど。曲終盤でクルー全員が合流してユニットコーナーは大団円。

直後のMCにて反省会。「君色のサンバ」の求愛ダンスは何やら反省点が多かったそうです。
もりしの歌唱はクルーの皆さんも絶賛。楽屋まで歌声が聴こえてきたようで、
その歌う姿を見て一言。「ジャイアンみたい」 いやそれだと音痴みたいじゃないか!
すぐさま「歌のうまいジャイアン」と訂正されてましたが(笑)

そしてフライトは後半へと突入。「WING」はPASSPO☆の曲の中でも一番大好きな曲。
これは何度観ても聴いても最高。リリース当時は「ぱすぽ☆meets ジャーマンメタル」という
キャッチコピーの曲で、イントロからして大空に飛び立つかのような加速感と迫力がある。
続いては、昨年リリースのアルバム収録曲「Fairy Tale」が!
この曲は2015年のマイベスト曲にてトップ10入りしたほどの超名曲(参照)
まさか今回歌ってくれるとは・・・アップテンポ曲続きの中で一転これには癒された。

「サンキュバースデイ」では1月31日が誕生日という、あんにゃの誕生祝いが。
PASSPO☆はこれまで1月にツアーをやったことは無かったため、
誕生日を祝ってもらえる人がうらやましかったと、あんにゃが一言。
そして今回ついに初めて祝ってもらえるという嬉しさのあまり、
あんにゃとパッセンジャーの皆さんによるコール&レスポンズで機内が盛り上がる。
なおその中には「う○こ!」「う○ち!」などといった言葉も・・・
アイドルがう○こなんて言ったらアカン!(爆)言っていいアイドルはBiSHだけだ。

アンコールではパッセンジャー達の発案により、アンコールならぬアンニャコールが
機内に巻き起こりました。そしてまずはあんにゃが1人でステージに登場。
続いて他の6人も登場し、Mr.WednesdayのC/W曲「Musical Party」を披露。
ラストナンバーは、メジャーデビュー曲にして唯一のオリコン1位獲得曲「少女飛行」。
アップテンポ曲でありながらもたまらなくピュアなのが魅力的。納得の名曲でフライト終了。


近年のアイドルシーンは全体のレベルがどんどん上がっているのを感じられる中で、
その中でもロック系アイドルについては、数多くのグループの曲を聴き、
さらにライブの方も数多く観てきましたが、だが今回のフライトを体験してあらためて、
PASSPO☆は私のNo.1 Girls(ツアー10曲目の「No.1 Boy」にちなんで)だと実感。
まず楽曲がハードロック系の曲からポップな曲まで多彩かつどれをとっても素晴らしい上に、
ダンスパフォーマンスも見事、それに加えてバンド演奏までできるというのだから
そりゃ最強としか言いようがない。ただ今回は「Fairy Tale」以降のセットリストは
私的には意外な選曲が続いた印象で、大好きな最新アルバムの曲はもっと聴きたかったなぁと、
それだけに昨年のフライトツアーは行きたかったと後悔・・実際大阪か名古屋のどちらかは
行くつもりでいてたのに、スケジュールが合わなかったり体調不良だったりで
結局行けなかったんですよね。今後はそういうことが無いように、
フライトに乗り遅れないようにしたい。次のツアーもまた行きたいです。







0 件のコメント: