ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年10月16日金曜日

[ライブレポ]  BUMP GALAXY☆彡(FROZEN CAKE BAR、佐竹惇)

10月15日(木曜日)、大阪・ESAKA MUSEで行われたライブ
「BUMP GALAXY☆彡」に行ってきました。
出演者は、Cue:Spec、FROZEN CAKE BAR、EYM、SEGARE、佐竹惇の計5組。
一番のお目当てはもちろんFROZEN CAKE BARですが、
それに次いで秘かに楽しみにしていたのがSEGAREです。
江坂に着いたのは18時半。この近くに新しくオープンしたというミスドミュージアムにも
行ってみたかったのですが営業時間外でした。なのでまた行かないと。
開演予定時刻ギリギリに何とか間に合ったものの、お客さんの入りが寂しいのが残念でしたね・・




・佐竹惇
元シグナルデイズのギターボーカル。この日はアコギ1本での弾き語り形式によるステージ。
今日のライブは様々なジャンルの人たちが出る中で、
アナログの良さを伝えたいと言っていたのが印象的でした。
アコギのみのサウンドでも、生歌だとやはり気持ちが伝わってくるものがありました。

調べてみたところ、シグナルデイズ時代はアナログとデジタルの融合を掲げてたらしいですね。




・FROZEN CAKE BAR

[セットリスト]
・九十九咲く可憐は雪解け華
・another
・re:back
・刹那
・夏ときどき悪魔


当ブログではすっかりおなじみの、6人組異端系中二ロックバンド。
この日はまず、今年4月リリースのニューシングル「re:back」の収録曲計3曲を
立て続けに全て披露してくれました。
その中でも特に1曲目「九十九咲く可憐は雪解け華」はCDで聴く以上にスゴみを感じた。
BAWさんのシャウトと、メタルコア系サウンドのド迫力に圧倒されたかと思えば、
サビでは紅一点ボーカルのくりざべすさんの甘~い歌声に包まれ癒されるという、
この組み合わせがたまらないです。こんな曲を作れるバンドには唯一無二でしょう。

MCではまずドラムのサラヤンさんが、大阪に来てたこ焼きに冒されたことを告白。
またまたたこ焼きの話か、大阪に来たアーティストの皆さんからこの話を聞くのは何十回目だ?
その後には、ざべすちゃんのエクスカリバーが炸裂。
お客さんも一緒に剣を振り回すポーズをとるなどして楽しみました。

ライブ後半は、シリアスなロックバラード曲「刹那」に思わず聴き入ってしまいました。
最後は「夏ときどき悪魔」。ラスト曲の鉄板となりつつあるパーティーヘヴィロックチューン。
これにはファンも一緒にサイリウムを振ったり、ヲタ芸ダンスをしたり、
土下座ヘドバンをしたり、さらにはサークルで一斉にぐるぐる回りまくったりと、
その曲の展開ごとに盛り上がりまくりました。
アニソン、アイドル、メタル、V系などのライブのノリを全部のっけてごちゃ混ぜにしたような、
最高に楽しくて盛り上がりまくれるライブが、このバンドの大きな魅力の1つ。
これはぜひ多くの人に体験してもらいたい。ライブ大好きな人ならばそのスゴさが分かるはず。
それだけにもっとお客さんが入って欲しかった・・せっかくはるばる山形から来てくれただけに。



ライブ終了後は物販に行き、メンバー人気投票第一位げっと記念キャラクターソング   
「くりざべすキャラクターソング ktkr★ハッピーENDルートでしょ!?」
を購入。ライブ会場限定販売CDをやっと手に入れることができました。

家に帰ってから曲の方を聴いてみると、本当に萌え系のキャラソンで面白かったです。
そもそも、キャラソンをリリースしてしまうバンドというのが前代未聞ですからね。
これはもっと話題になってもいいはずなのに。音楽系メディアでも取り上げられていいはず。
その後には、ボーカルのざべすちゃんと話をすることもできました。
11月8日に滋賀でアニソン系のイベントに初出演するということで(参照)
そこでキャラソンを歌うかもしれないという話、そして将来はこのバンドで
アニソンを歌うことが夢だと言っていたことなどが印象的でした。
ぜひ近い将来にメジャーデビューしてその夢が叶う日が来ることを願ってます。
ソニー、ランティス、Flying Dog、アニメポニーキャニオン、その他どこでもいいので
大手レコード会社はFROZEN CAKE BARにメジャー行きのチケットを渡してあげて下さい。
こんなにも面白いバンドはそう滅多にいるもんじゃないぞ!ぜひ私からも推薦したいです。


(続く

0 件のコメント: