ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年9月28日月曜日

[ライブレポ]  氣志團万博2015(怒髪天、筋肉少女帯、私立恵比寿中学)

(前記事はこちら)

・怒髪天

[セットリスト]
・オトナノススメ
・押忍讃歌
・ビール・オア・ダイ
・夏の扉
・酒燃料爆進曲
・宜しく候


まず紹介VTRでは「リアル番長登場」という触れ込みが。綾小路翔さんの話によると
怒髪天のボーカルの増子さんからは、バンド活動をやる上において先輩として色々なことを
教えてもらったそうで、それに対して感謝の言葉を述べていたのが印象的でした。
だがその中には放送できないような内容もありで一部音声処理がされていましたが(笑)

そして祭囃子をBGMにして怒髪天の皆さんがステージに登場。これには始まる前から
同じお祭り男としての血が騒ぐ。ザ・コブラツイスターズが現役なら対バンして欲しかった・・
まず1曲目は「オトナノススメ」。ボーカルの増子さんの全身全霊で歌い踊る姿には
見ている方まで思わず体が動いてしまいそうになる。サビではお客さん達も一緒に手を振って盛り上がりました。
続く「押忍讃歌」も生で聴くと一緒に踊り出したくなるようなR&E(リズム&演歌)。
歌詞もベテランバンドならではの味を感じさせてくれる。このような中年男性に向けての曲を
歌うバンドは非常に少ないだけに貴重。私はまだおっさんではないですが。

MCでは、お客さんのリーゼント率がいつもより高いことを喜んでいたのが印象的でした。
氣志團のファンにもリーゼントの人がいますからね。なおネットで見た記事によるとリーゼントは
女性に嫌われる髪型の第2位だったそうで、そのことについては残念がっていました。
さらに、客席最前列に陣取るモノノフ(ももクロのファン)たちに気を遣う発言をした後、
俺達もアイドルの曲のカバーをやりますということで、松田聖子さんの「夏の扉」のカバーが。
こんな曲が聴けるのは、ジャンルレスな氣志團万博ならではといえるでしょうね。

怒髪天のライブを体験したのは今年4月のCOMIN'KOBEに続いて2回目ですが
(レポはこちら)今回の野外でのフェスの方がより一層お祭り感がありましたね。
思いっきり盛り上がれて、とても楽しかったです!
彼らは紅白歌合戦に出て欲しいバンドの1組です。幅広い年代の人達を勇気づけてくれる、
生命力に溢れた曲を歌っている。それだけにいつか大ヒット曲が生まれることをを期待したい!
NHK出禁となった後輩バンドの分まで頑張って紅白出場を目指して欲しいです。




・筋肉少女帯

[セットリスト]
・パリ・恋の都
・労働讃歌
・混ぜるな危険
・踊るダメ人間


まず冒頭のVTRでは綾小路翔さんが、ボーカルのオーケンこと大槻ケンヂさんについて
「スゴい人」だと紹介。そして昨年の氣志團万博に念願の初出演をしてもらうも、会場に来る途中
東京湾アクアラインの海ほたるにて、筋少の皆さんが乗っていた車のタイヤがパンクしたそうで
その結果、昨年の筋少のライブではMCにてオーケンから「FESよりJAF」という名言(?)が
生み出されたらしいです。これには会場から笑いが。
さらに、氣志團と筋少でコラボ曲を出したいという話も登場。
これに対してはオーケンもVTRに登場し「製作費はそちらが持って、版権はこちらが持つ」
ということを条件に前向きに検討するとのことなので、ぜひコラボにも期待したいですね!

まず1曲目は「パリ・恋の都」の替え歌で「千葉・恋の都」という万博ならではの歌を披露。
続いてはももクロに提供した曲のセルフカバー「労働賛歌」。会場のモノノフを意識した選曲か?
そしてMCではオーケンがファンに向けて「会いたかった・・・」とつぶやいた後、
「昨年のFESよりJAF事件に続いて、今年もまた事件が起きてしまった!」という話が。
その事件とは「1人だけ宿がとれてなかった」 こんなことあるのか!?(笑) 
なので「他のメンバーとは別の宿に泊まることになり、昨晩は1人だけで飲みに行った。
寂しかった・・・会いたかった」という理由でファンに会いたかったらしいです。
そして次の曲に関しては「飲み屋で知り合ったおとみさんのために歌います!」と宣言。
相変わらずオーケンのしゃべりは面白い! これもまたライブに来てこそ楽しめるものですね。

続いては今回のライブでぜひ聴きたかった、新曲「混ぜるな危険」を披露した後、
フェスのキラーチューンとしておなじみという、Xジャンプのようなことをして盛り上がる曲
「踊るダメ人間」を歌ってくれました。この曲は知る人ぞ知る大傑作なだけに聴けて嬉しかった。
サビでは観客たちも両腕をクロスさせてバツマークを作り、「♪ダメ」で一斉にジャンプ。
Xジャンプならぬ×ジャンプをして盛り上がりました。今回も素晴らしいライブだっただけに、
4曲しか聴けなかったのが惜しく感じた。終了直後には他のお客さんからも「もう終わり!?」
という声があがってました。MCが他の出演者よりも長かったのが原因でしょうが。
次回の万博では、ぜひトリで1時間近くライブをやってくれることを期待したいです!




・私立恵比寿中学

[セットリスト]
・ebiture
・えびぞりダイアモンド!!
・チャイム!
・ザ・ティッシュ ~とまらない青春~
・オーマイゴースト? ~わたしが悪霊になっても~
・売れたいエモーション!
・仮契約のシンデレラ
・放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
・Go! Go! Here We Go! ロック・リー
・大人はわかってくれない
・梅
・頑張ってる途中
・禁断のカルマ
・手をつなごう
・誘惑したいや
・未確認中学生X
・バタフライエフェクト
・ハイタテキ!
・金八DANCE MUSIC
・夏だぜジョニー
・ナチュメロらんでぶー


2009年結成、「King of 学芸会」というキャッチコピーを持つ8人組アイドルグループ。
実は彼女たちの曲についてはほとんど知らないままライブを見ることになりました。
この日はなんと、30分の持ち時間の間にメドレー形式にて全21曲をノンストップで披露。
MCや途中休憩は全く無しで、30分間ぶっ続けで歌い踊り続けるという、非常にハードな
ライブステージを見せてくれました。これはスゴい。もはや学芸会を超えている。
曲種も多彩で、この曲はぜひフルで聴いてみたいなと思う曲もちらほらありました。
ちなみにこのグループにも一瞬Xジャンプをする曲があったような・・・何という偶然か。
これから注目していきたいアイドルグループがまた1組増えましたね。



(続く

0 件のコメント: