ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年3月24日火曜日

[ライブレポ]  Cyntia LIVE TOUR 2015「PRETTY WOMAN」

3月22日(日曜日)大阪・梅田CLUB QUATTROにて行われた、Cyntiaのライブに行ってきました。
昨年のLimit Breakツアー(レポはこちら)から約1年ぶりとなるライブ参戦です。

会場に着いたのは開演の約10分前。ライブハウス内ではメンバー5人によるラジオが
放送されていました。これは昨年のツアーには無かった試みですね。
そして開演5分前になると、ベースのAZUさんによる前説が生放送という形で始まりました。
そしてここでなんと「本日のライブの撮影、録音は全てOKです」という驚きの発表が!


ということで、この日たまたま持っていたデジカメで写真をたくさん撮らせて頂きました。



[セットリスト]
・シニシズム
・chapter/1
・勝利の花束を-gonna gonna be hot!-  
・Darling
・letter
・睡蓮と蝶
・閃光ストリングス
・Ride on time
・Lady Made
・SSS
・リックリリック
・WOMAN
(アンコール)
・KISS KISS KISS
・White Stock
・lucky☆star
・暁の華



Cyntiaのライブに行くのはこれで3回目になりますが、
文句無しに今回が一番素晴らしかったです。前回よりさらに進化した姿を見せてくれました。
これまでは、楽曲は素晴らしいだけにもうちょいライブで弾けられないかなと、
ボーカルのSAKIさんには華があるが他のメンバーはあまり目立ってない印象がありましたが
しかし今回はメンバー全員、そしてステージ全体から躍動感を感じられました。
特にベースのAZUさんのパフォーマンスの弾けっぷりは素晴らしかったです。
ライブ後半では演奏しながらSAKIさんと軽く追いかけっこする場面などもあり
ステージ全体を広く使ってライブを盛り上げていました。
SAKIさんも前回以上にお客さんを煽ったりなどして盛り上げようと全力で頑張ってました。
歌唱は素晴らしいの一言に尽きる。メジャー所属のガールズバンドのボーカルの中では
No.1だと思います。キレ、伸び、声量、これら全てが最高レベル。

そしてMCにおいても今回は弾けまくっていました。
キーボードのAYANOさんはMC開始と同時にハッピを羽織った後に「熱ポジコール」と題し
AYANOさんが「たこ!」と叫び、続けてお客さんが「焼き!」とコールすることに。
出た大阪ライブあるある、MCでたこ焼きの話をする。てか前回もしてましたからね。
「たこ!」「焼き!」「たこ!」「焼き!」「たこ!」「焼き!」「たこ!」「焼き!」
とにかく最初から最後までハイテンション。いつからAYANOさんはこんなキャラになったんだ!?


続いてドラムのKANOKOさんは、味噌汁の茶碗で自分の頭をリズミカルに叩く
吉本新喜劇の島木譲二さんのギャグ「ポコポコヘッド」をした後に、
「あったかいんだから~」というクマムシのネタをやっていました。
そしてAZUさんはグッズ紹介の際に「ミルクちゃん」という名前のお人形さんを取り出し
腹話術形式でグッズを紹介(口元は結構動いてましたが)
さらに途中からはアメーバの緑のキャラクターも登場。足の部分にはグッズのリストバンドを付けていました。
「ボクには手が無いから足にはめるしかないの」とか言ってたような・・(笑)

唯一ギターのYUIさんだけはMCでほとんどしゃべりませんでしたが、
ライブではステージ最前列に乗り出してテクニカルなギターソロを聴かせたりなどと奮闘していました。


SAKIさんが歌いながら自撮り。さらにこの後お客さん達を撮ってました。



最後はメンバー全員で撮影用にポーズを決めた後、「暁の華」を歌ってライブ終了。
撮影した写真については「拡散しろよ~!」とのことなので、そのお言葉通りに載せさせて頂きました。



Cyntiaは正統派のガールズバンドとしては日本一のバンドだ。
そう感じずにはいられない、素晴らしいライブでした。
楽曲のメロディの良さ、ボーカルの歌唱力の高さ、楽器隊の演奏技術の高さに続いて
今年からは新たに曲種の多彩さが加わり、なおかつライブでその多彩な魅力を存分に発揮できるようになった。
「勝利の花束を」などのポップな曲では笑顔が光る楽しいステージを見せ、
その一方でメタル色の強い曲においてはこれまで通りに、いやこれまで以上の
迫力を感じさせられるステージを見せてくれました。「睡蓮と蝶」のあまりのカッコ良さには
圧倒されましたし、「Ride on time」の高揚感にはこの日一番テンション上がりました。
こういう曲はぜひこれからも歌い続けて欲しいですし、きっと歌ってくれるでしょう。
メタルしか期待してなかった人にとっては今回の路線変更は期待外れだったでしょうが、
ガールズバンドとしてはより多くの人に魅力が伝わりやすいバンドになったと思います。
それだけに、ライブの客層が前回とあまり変わっていないように感じたのは惜しいところ。
もっと幅広い層に人気が出るべきなバンドだ。どうかこれからメジャーシーンで躍進してくれることを願いたいです。



3 件のコメント:

艶之進(あでのしん) さんのコメント...

はじめまして。

臨場感たっぷりの詳細なレポートありがとうございます。

画像も、いい写真ばかりで、
あふれる愛情を感じました。

建築おじさん さんのコメント...

過去最高のライブだったかも。
とにかく楽しかった
新譜の曲もライブで大化けした!

えむけー さんのコメント...

>艶之進さん
はじめまして。こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございます。
写真の方は厳選した上で載せたつもりです。ピンボケしてしまった写真もたくさんあったもので・・・
艶之進さんのブログの方もこれから見させて頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

>建築おじさんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
新譜の曲もライブで化けましたね。「シニシズム」「chapter/1」などは期待通りといったところでしたが、「letter」があそこまで化けたのは意外でした。とても楽しいライブだったですね!