ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年12月27日土曜日

[ライブレポ]  「Lady's Go!!」大阪編 (Gacharic Spin、LoVendoЯ)

12月26日(金曜日)大阪BIG CATで行われたライブ「Lady's Go!! 大阪編」
に行ってきました。出演は、Cyntia、LoVendoЯ、Gacharic Spinの計3組となるはずでした。

しかし、Cyntiaの出演キャンセルというまさかの事態が。
原因は、公式サイトによるとボーカルのSAKIさんが本日の朝になって
急性声帯炎を発症したそうで、それでも直前までライブに出られないかと
頑張ってみたがやはりダメだったとのこと。うわぁこれは心配だ・・・

あぁ・・・Cyntia、Gacharic Spinという最強2大ガールズバンドの夢の競演が
こんな形で中止になってしまうなんて(泣) SAKIさんが歌えないならば、
いっそのことガチャピンのはな兄さんとオレオ様が代わりに歌えばいいのでは!?
ガチャピンも前ボーカル失踪でライブができなくなるピンチを迎えた時には、
G∀LMETのみっき~さんやLIGHT BRINGERのFukiさんに歌ってもらったことがあるらしいから・・・と思ってしまいました。
まぁ今まで競演した経験が無かっただけにさすがにそれは難しかったでしょうけどね。
これまで何度か対バンしてお互い仲良くなっていたならばそれも有りえただろうになぁ・・・と。

というわけでこの日はGacharic SpinとLoVendoЯの2マンライブという形になりました。



・LoVendoЯ

元モーニング娘。の田中れいなさんがボーカルを務める、
ツインギター、ツインボーカルの編成からなる4人組ガールズバンド。
この日はドラムとベースにサポートメンバーを入れての6人編成で登場。
なおベースは男性が弾いていました。
このバンドを見るのは全くの初めてで、楽曲についてもほぼ知らないも同然でございましたが、
事前に試聴した「イクジナシ」という曲は素晴らしい曲だったので、期待していました。

約10曲前後歌われましたが、楽曲はどれも良かったです。
外部提供が多いながらも、ポップで可愛らしい曲からハードロック系の曲まで
幅広いバリエーションがあり、なおかつどの曲も自分のものにできている。
ボーカルについては、田中れいなさんがキュートでパンチの効いた歌声、
岡田万里奈さんがクールで哀愁を帯びた歌声という特徴を感じました。
今後さらに歌唱力が向上すればツインボーカルの魅力が一層増すはず。
結成して約2年と浅いことから、まだまだ発展途上にあるバンドでしょうが、
今後の可能性については大いに感じさせてくれるものがありました。

中盤に歌われた「むせび泣く」はギターの魚住有希さんが作曲したバラード曲。
これほどまでに良質な泣きメロを作れるならば、今後の自作曲も期待できそうです。

そして後半に歌われた「イクジナシ」はさすが最新アルバムのリード曲なだけあって
この日一番の盛り上がり。続く「人生マニアック」ではファンと一緒にジャンプ連発。
そしてラストナンバーでは、ゲストとしてGacharic Spinのオレオ様とはな兄さんが登場!
ボーカル4人という豪華な編成で歌うことに。このような競演が見られるのはガチャピンとの対バンならではでしょうね。



LoVendoЯのライブが終わり、一旦ステージの幕が下りた後、
ここで本日のライブイベントの主催バンドであるGacharic SpinのリーダーのKOGAさんと
ダンサーのまいさんが登場。そしてLoVendoЯのボーカルの田中れいなさんと
岡田万里奈さんを迎えた計4人で、ゲストトークが繰り広げられました。

まずLoVendoЯの岡田さんがライブツアーをやっていく上での悩みは、
体重が増えてしまうことらしいです。それに対してKOGAさんは
「女性の永遠の悩みですよね。ウチにもオレオ様というのがいて・・・」
これには会場から笑いが起きてました。オレオ様は2年前より体重が増えたのが見て分かる。
さらに、まいさんがLoVendoЯの2人に「女子力のあるメンバーは誰ですか?」と質問。
これには田中れいなさんが自ら名乗りを上げました。
「少なくともギターの2人よりはある」とのこと。しかしこれに対しては岡田さんから
「田中さんはヤンキーみたいな寝相してる」というツッコミが(笑)
さらに、岡田さんは釣りが大の趣味で、そこでたまたま知り合ったおじさんと
一緒に鍋を囲むこともあるらしいです。これにはガチャピンの2人も驚き。
なお、ギターの2人はインドア派だそうで、休日は主に家でインターネットをしてるとのこと。
最後に、LoVendoЯの来年の目標について聞かれると、「2015年はもっと仲良くなる」 
これには、KOGAさんから「仲良くないのか!?大丈夫?」とツッコまれてました。
「今は普通」「ギターの2人がインドア派だから会う機会がなかなか無い」
とのことらしいですが、どうか来年はさらにバンドとしての絆が深まってくれることを願いたいです。



・Gacharic Spin

[セットリスト]
・Across the now!!
・Never say never
・今を生きてる~2013年春~
・ルーレット
・JUICY BEATS
・ハンティングサマー
・ダンガンビート
・BROKEN LOVER
・セキラライヤー(新曲)
(アンコール)
・WINNER



本日のライブの主催者である、全力スゴ腕最強エンターテイメントガールズバンドが登場!
まず1曲目は「Across the now!!」でスタート。最初から飛ばしまくり。
続く2曲目「Never say never」では熱血横断幕が登場、
その幕の前でベースのKOGAさんの演奏パフォーマンスが炸裂。
さらに間奏部分ではダンサーの2人がステージ中央で華麗に踊り始めた瞬間、
このダンスを客席の後ろの方の人にも見てもらおうと、前の方にいるファン達が
一斉に座ったのには驚きました。なんて気配りができる人たちなんだ!

MCでは、クリスマスの日は何をしていたかという話で盛り上がりました。
キーボード&ボーカルのオレオ様は、この日に焼肉を食べにいったが
量が足りなかったため、夜中にフライドチキンを買いにコンビニへ行ったそうですが
「1人で食べると店員さんに思われるのはイヤだから、2つ買って2つ食べてしまった」
とのこと。こんな食生活してたらそりゃ体重増えるよなぁ(汗)
ベースのKOGAさんは、この日しか行ける日が無かったということで
散髪に行ってきたそうです。そこで髪型をショートヘアーにしたという話に対して、
メンバーの誰かが「♪リーブ21」と一言。
これにはKOGAさんが「確かに和田アキ子さんみたいだと言われたけど!」
とツッコむと、すぐさまオレオ様と、ドラム&ボーカルのはな兄さんが一緒に
「♪ る」と、綺麗なハモリで歌い始めました。
これには会場から笑いが。ツインボーカルの魅力がこんな形で発揮されるとは!

「ルーレット」はあまりライブでやらない曲だっただけに今回聴けて嬉しかったです。
キーボードのオレオ様がステージ中央の最前列まで乗り出し、
ダンサーと一緒に計3人で踊りながら歌う姿が何ともセクシーでした。

「JUICY BEATS」ではイントロ部分で照明が暗転、
そしてメンバーとファンが手持ちの光る輪っかをクルクルと回し始めた瞬間、
会場からおーっ!という歓声が。この幻想的な光景は初めて見る人には驚きでしょうね。
この曲はライブで聴くと、ダンサーと一緒に踊り出さずにはいられないほどの超名曲。
本当に勝手に体が動いてしまうほどなのです。


「ハンティングサマー」ではオレオ様が小さなキーボードを首にかけて、
ステージ最前列で踊りながら歌うことに。
イントロでいきなり、各メンバーが首にかけたギター、ベース、キーボードを
一斉にクルンと1回転させるパフォーマンスをやった瞬間から、
スイッチが入ったかのように客席も大盛り上がり。
続く「ダンガンビート」「BROKEN LOVER」も含めて、ものすごい盛り上がりでした。

そして最後のMCとなり、ここで来年の2月25日にニューシングルのリリースが決定したという発表が!
これは嬉しかったです。メジャー1stシングルということでどうかヒットを期待したいです。
タイトルは「セキラライヤー」と言っていたような・・(曲名不確か)
ダンサブルなロックチューンで、1度聴いただけでこれは素晴らしいと思いました。
イントロからKOGAさんのベースが弾けまくり。演奏&編曲のスゴさを体感できる曲で
これぞ名刺代わりの1stシングルにふさわしい曲だといえるでしょう。

アンコールでは「WINNER」でダンサーもファンも5分間一緒に走る走る。
最後にゴールテープが切られ、ライブ終了となりました。



今回出演できなかったCyntiaについては本当に楽しみにしていただけに、
個人的に今年のライブ納めがこんな不完全燃焼な形になってしまうとは残念でしたが、
それでもLoVendoЯとGacharic Spinの2組のバンドのライブは、
そのショックを忘れさせてくれるほどの素晴らしいステージでした。
CyntiaのボーカルのSAKIさんの喉の回復を祈りつつ、
来年もまた、良いライブがたくさん見られることを期待したいです。



0 件のコメント: