ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年11月9日日曜日

[ライブレポ]  学園祭 CAT伝説2014(Gacharic Spin、ホワイトロリータ)

11月9日(土曜日)、大阪・キャットミュージックカレッジ専門学校にて行われた学園祭ライブ 
「CAT伝説2014 猫かぶってんじゃねーよ!」に行ってきました。
出演は、Gacharic Spin、ホワイトロリータの計2組。
今回のお目当てはもちろんGacharic Spinでございます!
10月に念願のメジャーデビューを果たしてからは初となるライブ参戦です。




・ホワイトロリータ

[セットリスト]
・空虚な感覚
・口癖
・約束
・人の痛みに触れた時に
(公式Twitterより引用)



大阪を拠点に活動する4人組インディーズバンド。
まず1曲目「空虚な感覚」を聴いた時には、彼らもまた、
KANA-BOONやオーラルなどに代表される関西発4つ打ち系バンドの1組なのかなと思いましたが、
これがいざライブステージを見てみたら躍動感があってすごく良かったです。
今までは、最近流行のバンドにはついていけなくなってきたなぁと感じてたのですが
生で触れてみると良い意味で印象がガラっと変わりました。
むしろ他のお客さん達ももっと盛り上がれよとすら思ってしまいました。
前列の方の客層がこれでは、アウェー過ぎてかわいそうだったなぁ・・・
ボーカルもしっかりと歌えていましたし、ラスト曲のロックバラード曲ではシャウトを見せる場面も。
それに加えて曲調も多彩。特に3曲目は抜群の疾走感があって良かったです。
MCでのボーカルの話によると、現在は会社勤めをしながらバンド活動をやっているとのこと。
「会社をサボってバンドやりながらも、普段は一生懸命働いているわけですが」
何だか言ってることが矛盾してるような気もしますが(笑)これからも頑張って欲しいです。




・Gacharic Spin

[セットリスト]
・Lock on!!
・Across The now!
・ヌーディリズム
・ハンティングサマー
・I'm Sexy
・JUICY BEATS
・Never say Never
・運命さえも変える言葉
・ダンガンビート
(アンコール)
・WINNER



まず1曲目「Lock on!!」のイントロでいきなりダンサー2人が
「熱血」横断幕を持ってきました。今日は登場が早い!
バンドメンバー4人とダンサー2人が、縦横無尽にステージ上を駆け回るライブパフォーマンスは今日も迫力満点。
キーボードのオレオ様も1曲目からステージ最前列に乗り上げて歌ってました。
胸に光るブラをつけて踊りながら歌う姿は相変わらずセクシーでしたね。
ベースのKOGAさんの演奏は特にスゴかったです。
以前には首を痛めたことによりコルセットを巻きながらライブを行ったこともありましたが、
この日は万全の状態でした。時には首を振りながらハードな演奏を魅せまくってました。

MCでは、まずベース&リーダーのKOGAさんがお客さんに向けて挨拶した後、
キーボード&ボーカルのオレオ様がバンドの自己紹介をすることに。
「ガールズバンドだけど、(ドラムに)はな兄さんという男みたいなのが1人混じってて」
これにはさすがにKOGAさんも呆れたのか、話をぶつ切ってしゃべり出し、
それに対してオレオ様は「ちょっと!まだしゃべってるの!」と抵抗する場面が(笑)
さらに、ダンサーのまいさん&ありささんはオレオ様に向かって
「かわいくないオレオ」「年増なオレオ」などといじったり、
さらにインディーズベストアルバム「ガチャっとBEST」の宣伝の際にはKOGAさんから
「初回限定盤のDVDには、オフショットがたくさん入っていまして、
そこでは今より痩せていた頃のオレオが見られます」
などと言われたりするたびに、会場からは笑いが起きてました。
オレオ様のセクシーキャラがどんどん崩壊していくではないか!なぜこうなった!?

さらに年末にはCOUNTDOWN JAPANに出演するという話が出た時は、
お客さん達からオーーーッ!っと歓声が上がりました。
まさか今年のCDJにGacharic Spinが呼ばれるとは思ってなかっただけに驚きましたね。
ちなみにKOGAさんの公式ブログの方には「検索ワードに「gacharic Spin 年齢」というのが結構出てくる」とのこと。
実は私のブログのアクセス解析にもこの検索ワードは出てきたことあるんですよね。
これについては「wikipediaを見れば分かるので、そっちを見て下さい。
ただ、これだけは譲れないのは、(ギターの)TOMO-ZOは永遠の14歳です。」
そうですよね! 永遠の14歳なのでいつまで経ってもかわいいと思います!
これに対してTOMO-ZOさんは「この前年齢を計算してみたら、14歳と144ヶ月でした~」
ここで再び笑いが起きてました。まさか自ら年齢を発表してしまうとは・・・

ライブ中盤では「JUICY BEATS」のイントロで照明が暗転、
その後ステージ上のメンバー&前列のファンが一斉に光る輪っかを回し始めた瞬間、
再びオーーッ!という歓声が。ライブを初めて見る学生達などは驚いたでしょうね。
そして曲が始まると、ダンサー2人は光る手袋を両手にはめて踊り始めました。
楽曲もダンスパフォーマンスも最高。これには一緒に踊らずにはいられない。

終盤のMCでは「来年の5月3日に渋谷公会堂という、ものすごく大きい所でライブをやることが決まりました」という発表が。
「開催日は5月3日、覚え方は、オレオの体重が53kg、5月3日と覚えて下さい」とのこと(笑)
これに対してオレオ様は「オフィシャルではね」と一言。
ということは今はもっと体重が増えてるということか!?
確かに最初見た頃よりはぽっちゃりしてきてるなぁと感じてましたが、まぁそれも含めてセクシーだと思います。

ライブ終盤「運命さえも変える言葉」では間奏部分でまいさん&ありささんの
DJ風パフォーマンス、さらに「ダンガンビート」ではみんなでタオル回し、
アンコールの「WINNER」ではオレオ様&まいさん&ありささんが
ステージ上で5分間走り続け、ラストではゴールテープを切るなどといった、
パフォーマンスの数々も今まで同様に素晴らしかったです。
演奏の迫力だけでもスゴいのに、それに加えてお客さんを楽しませるための仕掛けも満載。

今回も全力エンターテイメントバンドの名にふさわしいライブステージでした。
結成5年目の今年にようやくメジャーデビューを果たし、大型フェスへの出演も実現、
この勢いで、2015年こそはブレイクを果たす年になることを願っています。



0 件のコメント: