ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年10月4日土曜日

[ライブレポ]  アニソンロック 2014 その3(堀江美都子)

(その2はこちら)

川田まみさんのステージ終了後に、再び司会の冨田さんが登場。
本日のトリを飾る、堀江美都子さんについて紹介されました。
かつて自身が主題歌を歌っていた「ボルテスV」というアニメが世界的にヒットした際に
フィリピンを訪れた時には、現地で大歓迎を受け、車で移動する時には信号が全部青になるという
国賓級の待遇を受けたことがあるなどといった、伝説のエピソードも話されていました。




・堀江美都子

今回のバンドメンバーとライブをするのは初めてで、さらに対バン形式も初めてとのこと。
ギターには荒木真樹彦さんが参加するなど、豪華メンバーによるロックなライブステージでした。
個人的には楽曲をあまり知らなかった上に、ロック系の曲を歌うイメージが全くなかったのですが
ライブ前半、聖闘士星矢の主題歌「ファイナル・ソルジャー」を聴いた時は
こんなにも勇壮な歌を聴かせてくれるとは予想してなかったので驚きました。
そして、その歌がめちゃくちゃ上手い。思わず聴き入ってしまう。
MCではまず自己紹介がありました。「私のことをよく知らない人も多いと思いますので、
分かりやすく説明すると、アニソン歌手1号です」 正真正銘の元祖でございましたか!

さらに前半には「ドラえもんの「青空っていいな」のロックアレンジを歌います。名付けて「ドラロック」」が。
この曲は聴いているうちに思い出しました。3歳ぐらいの頃に聴いたことありましたね。
歌い終わった後には「僕らは未来の地球っ子。みんないい子。」
と、まるで子供たちに諭すかのように優しく語りかけていたのが印象的でした。
さらに「私はいい人」 自分で言うのか(笑)

そして中盤、「今から歌うデビュー曲「紅三四郎」は、45年前の曲でございますが」
よ、45年前! 私が生まれるはるか前にデビュー曲をリリースしていたとは・・・
さらに「少女アニメの曲を歌います」ということで、「ひみつのアッコちゃん」、
そして代表曲の「キャンディ・キャンディ」を2曲続けて披露。
今までとは一転して、キュートな歌唱を存分に聴かせてくれました。
こんなにもかわいい声で歌う57歳は、他にはいないです。
その歌声は不老不死なのか!? まさに衰え知らず。
歌い終わった後には、お客さんから「かわいい」という声援が。
これには「いくつになっても嬉しい。今日はいい日」と喜んでおられました。

終盤にはセーラームーン主題歌「ゴールデンクイーンギャラクシア」などのロック系の曲を連発。
これらの曲ではサビ部分でハイトーン歌唱が炸裂。さらにはビブラートも素晴らしい。
もはや先ほどの「キャンディ・キャンディ」と同一人物が歌ってるとは思えないぐらいにカッコ良かったです。

正直、ここまでスゴいとは思ってなかったです。
ライブ中に一緒に手を挙げたり叩いたりするのも忘れて、
思わずその歌声にドップリと浸かってしまう。聴き込んでしまう。
こんな体験をしたのは今年1月の浜田麻里さんのライブ以来。これが計2回目です。
彼女はまさに「生ける伝説」だと思いました。
そりゃ今でも、たまにゴールデンタイムで放送されるアニソン特番などに呼ばれて当然だ・・・



2014年の私的ベストライブは、このライブに決定いたしました。
上坂すみれさんから川田まみさんまでの計4組、ここまで大好きな曲ばかりが聴けるなんて最高でした。
さらにトリの堀江美都子さんの歌唱には感動の一言でした。
そして、Aldiousと黒崎真音さんが競演できたのも良かったです。
この2組はどちらかが好きなら両方ハマる可能性が大いにあると思いますし、
これからも今回のような、アニソン系アーティストと、一般アーティストであるバンドとの
対バンはどんどん行われて欲しいですね。お互いファン層を広げられるメリットがあるはず。
どうか来年も「アニソンロック 2015」が開催されて欲しいです。
以上、長文を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


0 件のコメント: