ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年5月15日木曜日

[私的名曲ランキング]  2014年3月度 マイベスト10

恒例企画、月間私的名曲ベスト10を紹介したいと思います。
この企画はJDの提供をもとに毎月作っていますが、今回取り上げる曲の半分以上はそのサイトの
「必聴曲」から漏れた曲です。1位も2位も3位もそうでした。
やっぱり任意試聴曲も時間が許す限り聴いた方がいいですね。聴けばきっと新たな発見が得られるはずです!
それでは、今月もいってみましょう。





第10位 流星群少女「一発逆転!下克上」 [公式PV]

ズンドコブンブン!などといった歌詞やサウンドが面白い。ご当地色もしっかり出ている。
文字通りの一発逆転で、マイベスト10に入れてしまいました。
福岡出身のアイドルユニットらしいですが、調べたところによると色々あって現在は活動休止状態だと・・!?再開の動きはあるらしいですが。




第9位 Jin-Machine「ばいばい」 [公式PV]

普通に名曲じゃないか。ついこの前まで「うんち☆どっさり」などといった曲をリリースしてたバンドとは思えない。
実は「環境デストロイ」でNHKの歌番組に出演した頃からずっと注目してました。
仙台を活動拠点にしているバンドです。東北出身バンドって本当に良いバンドが多い。




第8位 結香「海に生きて」

POPSシンガーを名乗る歌手の曲でありながら、演歌に近い曲だと感じました。これは心に沁みる。
海無し県民が聴いてこれなんだから海が身近にある人にとっては尚更響くのでは。
震災復興の願いを込めて作られた曲らしいです。幅広い世代に伝わる名曲でしょう。




第7位 Cocco「ありとあらゆる力の限り」 [公式PV]

アルバムレビューはこちら。相変わらず美しい歌声。




第6位 NICO Touches the Walls「ローハイド」 [公式PV]

開放的で爽快感のあるメロディと歌唱は、やっぱり良いですね。
それに加えて歌詞が素晴らしい。人生という名の旅に出る者の勇姿が描かれた名曲。




第5位 陰陽座「青天の三日月」 [公式PV]

久しぶりのニューシングル待ってました。いつも通りの名曲です。男女ツインポーカル最高。




第4位 KAMEN RIDER GIRLS「Exploded」

この曲については近日レビュー予定のアルバム記事の方でじっくり語りたい。ネタバレになりますが素晴らしい作品です。




第3位 上坂すみれ「パララックス・ビュー」 [公式PV]

作詞大槻ケンヂ、作曲NARASAKIの特撮コンビによる作品。
和テイストを感じさせつつもパンキッシュ。歌詞の方もこれまたスゴいことになってる。
こういう曲を歌ってくれるのを待ってたんですよ! これまでの曲の中でも最高傑作ではないでしょうか。




第2位 Gacharic Spin「僕だけのシンデレラ」 [公式PV]

レビューはこちら。
前記事でも述べた通りガチャピンとCyntiaには何としてもブレイクして欲しいので、この2組に限っては当ブログ外でも推薦しまくります。




第1位 中川翔子「9lives」 [公式PV]

アルバムレビューはこちら。
上記の記事でも書いた通り、この曲は歌詞、メロディ、歌唱、曲構成、全てが完璧。
月間どころか年間でも1位候補。先月からずっと聴きまくってます!






(次点)
・相川七瀬「桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo」 [公式PV]
セツナバンドサウンドに惹きこまれる。マイベスト10に入れるかギリギリまで迷った曲でした。タンス万引きしなければ入れてましたよ。

・ベッド・イン「ワケありDANCE たてついて」 [公式PV]
入れるかギリギリまで迷った曲パート2。
セクシーかつバブリー。このような派手な楽曲&歌い手には思わず釘付けになってしまうのです。

・ポテコムジン「からくりがある」 [公式PV]
入れるかギリギリまで迷った曲パート3。
PVは1分ちょいしかありませんが、調べてみたらこれでフルなんですね。
短い曲でしたがPVとの視覚効果も相まってインパクト抜群でした。これぞオルタナティヴ。

・妖精帝國「使徒奏デシ破滅ノ竪琴」 [公式PV]
レビューはこちら。カップリングである2、3曲目の方も傑作でございます。

・BACK-ON「wimp ft.Lil'Fang(from FAKY)」 [公式PV]
男女ツインボーカルで、なおかつ開放感のあるバンドサウンド、しかもアニメタイアップという、無条件で好きになる条件が揃った曲。
しかしこの曲などを聴く限りでは、彼らの曲と某覆面ユニットの曲は作者が一緒な気がする。

・でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」 [公式PV]
レビューはこちら。カップリング曲は何盤なのかによって違いがあるので、JAM Project盤もとい相沢梨紗盤をオススメします。

・飯原けいせい「BAR」 [公式PV]
渋いフォークですね。インディーズのベテラン歌手にも光を。むしろこの年だからこそ出せる味があるのかなと。

・オーラルヴァンパイア「カルペノクテム」 [公式PV]
歌謡デジロック良いなぁ。シンセ満載のド派手な曲でありながらも独特の味がある。




(その他注目曲)
・イナカモノ なゆごろう のぶなが halyosy maro. recog「ゆめのかたち」 [公式PV]
ニコ動発の楽曲を多くの音楽ファンに評価してもらうシステムを作れないかと思えてくる。

・xTRiPx「10+1」 [公式PV]
フルPVがあれば入れてたかも。V系バンドのアニソンっぽい曲ってことは約1分聴けば分かる。

・ポカスカジャン「酒のチカラ」 [公式PV]
アルフィー過ぎるだろ。高見沢さんはこれまでにもたくさんの歌手に楽曲提供をしてきましたが、
ここまでまんまアルフィーな曲ってのは記憶に無い。ポカスカジャンの立場が無いレベルだ!



0 件のコメント: