ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年11月15日金曜日

[ライブレポ]  Kiss FM presents ガガガSPライブ@六甲祭


11月10日(日曜日)、神戸大学深江キャンパスで行われた、
ガガガSPの学園祭ライブに行ってきました。

家を出る時は晴れ間が見えてたにもかかわらず、いざ神戸大学に着くと
そこは雨が降ってました。グラウンドにはご覧のように水たまりが。

そして一旦会場に入ればそこで傘をさすことは禁止とのことで、
昼3時半に入ってライブが始まるまで約30分もの間、雨ざらしの状態に。
でも別に構わない!上等だ! そして4時になると雨はあがり、
まずは今回のライブの主催であるkiss-FMから司会者の庄司悟さんが登場し、
その後に、ファンファーレに乗ってガガガSPの皆さんが登場!



[セットリスト]
・青春時代
・国道二号線
・燃やせ!!
・神戸駅
・晩秋
・どんでん返し(新曲)
・ただひたすらの日常アナーキー
・弱男
・つなひき帝国
・線香花火
・明日からではなく

(アンコール)
・祭りの準備
・青春狂時代
・にんげんっていいな



1曲目「青春時代」から会場は大盛り上がり。いつものことながら、
私も最前列で周りのお客さんと一緒に思いっきり暴れてきました。

MCでは、まず最初にボーカルのコザック前田さんが、
「今日はこのライブにみんな、タダで、タダで!観にきてくれた、
電車賃だけで観に来てくれた」と、お客さんはタダ見であることを強調し(笑)
その上で「思いっきりサービスしてやる!」と宣言してくれました。
そして「よくライブでお客さんに「楽しんでいって下さいね~」とか言う
バンドがいるけどそれは違う、俺たちが楽しませなければならないんだ」
という言っていたのは印象的でした。さすが、ライブに懸ける気迫が素晴らしい。
さらに、上の世代はライブに理解が無い人が多いという話が。
以前に、ライブ中でのダイブでケガした人が入院している病院まで
菓子折りを持っていったことがあるというエピソードは興味深かったです。
「入院中のファンに会うと、その人は俺らのファンだから「嬉しい・・また行きます!」
と言ってもらえるけど、しかし横にいる親からは「やめときなさい!」
さらに「アンタはどう思ってるの!?」「あの・・その・・」」
確かにこれは気まずいよなと。ちなみに私はダイブ経験は無いんですよね。

中盤には、12月にニューアルバムが出るという話が。
「ニューアルバムを買えとは言わない、焼け! そりゃ買ってもらったら嬉しいけど
聴いてもらえないことには意味が無い、だから焼け!」と(笑)
さらに、このアルバムを機に秘かに再ブレイクも狙っているそうです。
「まだ諦めてはないですよ! どんでん返しを狙ってますよ。
見とけよフランプール、見とけよサカナクション。
見とけよ同期のBUMP OF CHICKEN、と謙虚ながら思ってるわけです。」
そしてニューアルバムから新曲「どんでん返し」をやってくれました。
サビは1回聴いただけで覚えました。「♪どんでん返し!どんでん返し!」
お客さんのノリも初披露の曲とは思えないぐらい盛り上がってました。

そしてライブ終盤には「写真撮影は禁止と書かれてますが、許可します!
ツイッターでもフェイスブックでも載せればいい! パンクだな~!」
と、まさかの写真撮影タイムが。
そしてメンバー全員がステージの最前列に出てきてくれました。


慌てて撮ったので残念ながら写真がボヤけてしまいましたが・・・


アンコールでは「青春狂時代」にて、アコースティックギターを
弾きながら歌うコザック前田さんの姿が印象的でした。
「30代になって、筋肉痛が2日後に出るようになってからが本当の青春だ」
「ガガガSP懐かしいね、青春パンク懐かしいねと思ってる人、
俺らは今も現役ですよ! 今こそが青春!」
これには、本当にそうだよな・・と。同じく私も30歳になってからが
青春なんだという気持ちで、これからも頑張っていきたいです。

ガガガSPのステージを観るのは今年2回目ですが、やはり何度観ても素晴らしい。
その熱さに、心を揺さぶられる。特に今回のライブ後半の
「弱男」「つなひき帝国」「線香花火」の超名曲3連発は最高でした。
「♪ああ線香花火よ 僕は今でも引きずっています あなたの横顔そして後ろ姿」
これにはなぜか泣ける。暴れながら感動して涙目になる。
彼らは日本屈指のライブバンドだと言っていいでしょう。今こそ再評価されて欲しい!


0 件のコメント: