ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年9月2日月曜日

[私的名曲ランキング]  2013年6月度 マイベスト10

9月になりましたが、今回は6月分のマイベスト10をJDをもとに作ってみました。
この月は、結果的にそこそこ名前が知られたアーティストの作品が多くランクインいたしました。
音楽好きならば10組全ての名前を知っている人もいるのではないかと思います。
それではいってみましょう。





第10位 THE BOOM「世界でいちばん美しい島」 [公式PV]

最初聴いた時は微妙に感じましたが何回か聴くうちにやっぱりいいなと。
ふるさとの良さを感じられる歌でした。ライブレポはこちら。




第9位 泉沙世子「手紙」 [公式PV]

上品で美しい。歌声に癒されます。私の周りのツイッター上で評判なのも納得。




第8位 ジン「RIZING」 [公式PV]

彼らの曲を聴くのは久しぶりでしたが、歌詞が全英語詞になっても、まるで大地に太陽が昇るかのようなスケール感のある曲は健在で良かった。
「解読不能」の頃からこういう曲を作り続けてきたバンドであることを知らない人が多いのが惜しい。




第7位 赤飯「古書屋敷殺人事件」 [公式PV]

歌詞が素晴らし過ぎる。ニコ動のクリエイターにはこんな天才的な歌詞を描く人が何人もいるのか…
歌唱もさすがですし東洋的なバンドサウンドも良いです。




第6位 藍井エイル「コバルト・スカイ」 [公式PV]

4作ぶり2回目のランクイン。伸びやかな歌唱が素晴らしい。サビのラストは最高!




第5位 supercell「拍手喝采歌合」 [公式PV]

2回目のランクイン。サウンドの細部まで凝りに凝ったのが伝わってくる歌謡ロック。
これはエレガのメンバーが作ったのかと間違いそうなぐらいに素晴らしいです。




第4位 BiS「DiE」 [公式PV]

ダークな一面を持った疾走曲で心に響く。「命は燃やしていくものだなんてバカみたい」とか言いつつも、本当は希望を求めて疾走してるんだ。




第3位 SPYAIR「現状ディストラクション」 [公式PV]

このような、遠藤正明のソロ曲みたいな曲を作ってくれるバンドを待ってたんですよ!
サビはもちろんとして、Cメロが良い。迫り来るものがある。
今までは良いとは思いつつも、綺麗にまとまり過ぎていて突き抜けるものが無かった感じだったのが今回は殻を一つ破った気がしました。
彼らはback numberと比較されているのを何回か見たことがありますが、それよりはSPYAIRの方が熱さを感じられる分好きですね。




第2位 BABYMETAL「メギツネ」 [公式PV]

レビューはこちら。和風メタルサウンドとデジタルサウンドの融合が素晴らしい。
3作連続のランクインながら、結果的に惜しくもV3はならず・・・




第1位 中川翔子「続 混沌」 [公式PV]

元々芸能人にしては歌が上手かったですが、今回は歌い出しの時点からその歌唱に驚くほどシビれた。
切れ味抜群ながらもその半面どこか哀愁を帯びた、新境地のしょこロック。
これはもう最高でした。歌詞も素晴らしいし「ブラックしょこたん」と称したPVも芸術的。途中でROLLYが出てきたのもうまくハマってますね。




(次点)
FLiP「カミングアウト」 [公式PV]
ROTTENGRAFFTY「STAY REAL」 [公式PV]
THE CHERRY COKE$「DRUNKEN PIRATES ~終りなき夜の果て~」 [公式PV]
ザ・ヒーナキャット「恋がしたい」 [公式PV]
FTISLANd「Black Chocolate」 [公式PV]
luki「まだ間に合うから」 [公式PV]
ELISA「そばにいるよ」 [公式PV]



THE CHERRY COKE$はアイリッシュパンクという名の音楽をやっているバンドらしいです。こんな音楽もあるのかと感心しました。
ザ・ヒーナキャットの歌謡ロックもインパクトがあったがsupercellとの比較で惜しくも次点に。
意外だったのがFTISLANd。バラード系の曲ながらこれまでには無いような迫力を感じました。
ELISAは約1分半のショートPVしか見てませんがそのPVのラストの「♪まい はーーーーーーーーーー」だけで次点にランクインさせてしまった。
やっぱり歌のうまい歌手のロングトーンは最高だ。どんどん歌唱自慢すればいい。


5 件のコメント:

Systematic Chaos さんのコメント...

私的名盤紹介管理人のSystematic Chaosと申します。
Twitterフォローさせて頂きました!

youtubeリンクから聴かせて頂きました。
泉沙世子さん、素晴らしいボーカルですね。
如何にもキングレコードなシンガーソングライターという感じです。
柴田淳ほど鬱っぽくもないですが
濡れたメロディがとてもよく似合います。

えむけー さんのコメント...

どうもはじめまして。ツイッターのフォローと同時にブログの方も見させて頂きましたが、その内容の充実度に驚きました。
日本のポップスやロックに加えて、洋楽メタルにプログレッシブ・ロックにR&Bやフュージョンまでレビューしているブログは初めて見ました。
もはや私なんて足元にも及ばないレベルです。ぜひ相互リンクをお願いできないでしょうか?

泉沙世子さんはやっぱり歌声が美しいなと。濡れたメロディというのはいい表現ですね。個人的にはDoAsのバラード曲っぽいメロディだなと感じました。

Systematic Chaos さんのコメント...

コメント返信遅れまして済みません。
試験勉強で忙しくって・・・
と言い訳しておきます。

勿論リンクさせて下さい!
早速貼らせて頂きます。
またのご訪問お待ちしております。

sodalite さんのコメント...

しょこたんがBABYMETALを抑えて1位ですか。
彼女は未だにアイドル扱いをされる事もありますが、私は歌声が大好きで(特に表現力が豊かになって来た2ndアルバム以降)、この曲も大好きな曲で1位は納得ですね。
ジャケットを見てレジに持って行くのを躊躇う人もいそうですが・・・。

えむけー さんのコメント...

本当に表現力ありますよね。今回の新曲に関しても、もっと評価されて欲しいと思います。
ジャケットについては、私はこういうのを見ると「これもまた一種の芸術だ!」と感じるのですが、そう思えずに引く人もやっぱりいるんでしょうね・・・