ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年5月30日木曜日

[CDレビュー]  アカシアオルケスタ「ヒョウリイッタイ」


アカシアオルケスタ「 ヒョウリイッタイ」
(2013/3/20) 

1. グンモニ
2. スーパースター
3. 花魁道中
4. シャボン玉
5. 絶ッテ
6. 大暴走
7. 嘘
8. 日々草々
9. ハイライト
10. ヒコウキ雲
11. ショウタイム
12. オモチャ箱
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)





アカシアオルケスタの3rdフルアルバム。
紅一点ボーカルにキーボード、ベース、ドラムの計4人組編成にて
2007年に結成されたインディーズバンドの作品です。

ピアノロックをベースに、曲ごとにジャズや昭和歌謡などの音楽要素を
取り入れたバンドサウンドは、どこか懐かしくも新鮮。
ギターがいないというバンドも珍しいですが、今作ではギター不在を
穴だと感じてしまうようなことは全く無いです。
そんな彼らを知ったきっかけである、2曲目「スーパースター」は、
とにかく明るくてポップで軽快。さらに、優しく背中を押してくれるかのような
ボーカルの藤原岬さんの歌唱&歌詞にも元気をもらえる。
「♪君はスーパースター」だなんて歌ってくれるのが、とても嬉しく感じます。

そして、より歌謡曲色が強くなる3曲目以降の曲も名曲揃い。
ジャズ歌謡に和楽器をミックスさせたサウンドと、
妖艶さを感じるボーカルの歌唱が、共にスリル満点な「花魁道中」、
力強い歌唱&ピアノの演奏の中にも抜群の哀愁が漂うバラード曲「絶ッテ」、
Aメロの低音部分の歌唱にはカッコ良さを感じ、サビで高音になると同時に
曲の方も一気に盛り上がる、レトロな雰囲気のピアノロック「大暴走」、
今作の中で最もロック色が強く、バックの演奏の弾けっぷりがスゴい
「ハイライト」といった曲は、特に素晴らしいと思いました。

そんなアルバムの中におけるクライマックスで、個人的にも最も素晴らしいと
感じた曲は、11曲目の「ショウタイム」でした。
そのあまりのメロディの良さと、希望の未来へ向かって突き進むかのような歌詞には
もはや感激せずにはいられない。ピアノの音を全面に押し出したアレンジで、
ここまで躍動感を感じさせてくれる曲が作れるというのは、これぞ彼らならではの実力。
聴けば聴くほど、今まで味わったことのないような感動が広がっている。
この曲はシングルでも全然いけるぐらいにキャッチーで、万人に勧められる曲でも
あるにもかかわらず、PVすら作られずに埋もれてしまっているのが惜しく感じます。

これだけの実力と魅力があるバンドが、なぜインディーズなのだろうか。
メジャーから未だ声がかからないのか、それとも自らインディーズで活動することを
選んでいるのか、どちらなのかは分かりませんが、ともかく彼らはもっと評価されるべき!
ロックフェスにて偶然出会ったのがきっかけで、まさかここまで大きくハマることに
なるとはその時は自分でも思わなかった。良い音楽に出会えたことに感謝したいです。




0 件のコメント: