ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年4月17日水曜日

[ライブレポ]  Gacharic Spin レコ発 "Delicious" TOUR (その1)

4月13日(土曜日)、神戸VARIT.にて行われた
「Gacharic Spin レコ発 "Delicious" TOUR」に参戦してきました。

出演は、ORANGE BEG、CLOUD NUMBER NINE、G∀LMET、そしてGacharic Spinの計4組。
まずは対バン相手となった計3組のバンドのレポから書きたいと思います。





・ORANGE BEG
公式サイト http://orangebeg.web.fc2.com/top.html

紅一点ボーカル擁する4人組。各メンバーが前身バンドを経て去年7月に
結成したばかりの新バンドで、CD音源などはまだ1枚もリリースされていないことから
いきなりこのライブ会場で正真正銘の初聴きとなったわけですが、
これがビックリするぐらいに良かったです。
公式HPでは「パンクのサウンド」を奏でるという触れ込みながら、
そのメロディの良さはパンクバンドの平均水準をはるかに超えている。
疾走感抜群でなおかつキャッチーな曲が多く、私の中では最高に盛り上がりました。
3曲目には唯一のミディアムバラード曲である「トーマス」という曲も歌われましたが、
この曲についても、それこそDo As Infinityが歌っていてもおかしくなさそうな
(翌日DoAsライブに行く予定だっただけにそう思いました)
美メロバラード曲で、もはや即メジャーでもいけそうなレベル。
このバンドは、今すぐにでもソニーレコードあたりからメジャーデビューして、
アニメのオープニングに起用されても全然おかしくないと思いました。
これぞ私の中ではどストライク。まずはインディーズでCDを出すことになるでしょうが
そのリリースが待ち遠しいです。




・CLOUD NUMBER NINE
公式サイト http://www.cloudnumber9.net/

東京からやってきた3人組バンドで、今回のライブでは唯一の男性ボーカルバンド。
ボーカルの歌いっぷりの良さが特に光っていました。
ラストから2番目に歌われた「Drivin'」という曲は一番良いと感じました。
サビではお客さんも一緒に「1、2、3、ヤッター!」という掛け声で盛り上がりました。



しかしこの公式ライブ映像を見る限りでは「1、2、3、ゲッダーン!」に聴こえますが
現在は掛け声が変わったということでしょうか? それとも私の聞き間違いか!?




・G∀LMET
公式サイト http://galmethp.web.fc2.com/

実は個人的に、今回生で聴けるのを楽しみにしていた5人組ガールズバンドです。
今回のガチャピンのツアーにおいて、大阪ではなく神戸の方のライブに行った理由は、
対バン相手にこのバンドが出るからでした。
YouTubeで一度試聴しただけで、これはぜひライブで聴きたい!と思わせるものがありました。



そして生で聴いたらやっぱりスゴかった。
これが「ガールズデスメタルバンド」というものなのかと。
メンバーはみんな美人さんで、さらにベースは猫耳をつけているなどといったように
萌えの要素も入ったルックスながら、こんなにも壮絶な音楽をやるとは!
ヘドバンにモッシュにと会場の盛り上がりもすさまじかったです。
「メッター参上!」「萌死鋼鉄」などといった文字の入ったシャツを着たファンが
(G∀LMETファンのことを通称「メッター」と呼ぶそうです)
何人もいたことも印象的でした。

ファーストインパクトは場外ホームラン級。しかし、歌メロの良い曲が
好きな私としては、何曲も聴き続けると単調に感じるかも・・・
個人的には、デス声と普通に歌う部分とが混ざった曲があってもいいかなと思いましたが
それだと純粋なデスメタルではなくなってしまうから今のファンは反対するのかな・・?

ボーカルのみっき~さんは、MCだとしゃべりが可愛らしいのにも驚きました。
いわゆるアニメ声っぽい感じで、このしゃべり声からあのデス声は想像がつかない。
さらにブログやツイッターによると、バンド活動の傍ら、保育士もやっていたそうです。
(参照 http://ameblo.jp/miki-galmet/entry-11511744592.htmlもし保育園にて彼女が歌ったら、子供は泣くのではないかと思います!
ということでこのバンドは、「ギャップ萌え」にはたまらないバンドかもしれません。
将来的にはぜひテレビ出演を果たして、お茶の間をアッといわせて欲しいです。
見る人の度肝を抜かすようなバンドは音楽性がどうであろうと応援したくなりますね!




(その2へ続く)


0 件のコメント: