ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年3月30日土曜日

[ライブレポ]  PASSPO☆ チャーター便フライトツアー2013

3月20日(水曜日)、大阪 BIG CATにて、
PASSPO☆のチャーター便フライト(ライブ)に搭乗してきました。





[セットリスト]
・LA LA LOVE TRAIN 
・Pock☆Star 
・ViVi夏 
・Pretty Lie 
・サクラ小町 
・No.1 Boy 
・Wish On A Star 
・夏空HANABI 
・Go On A HighWay 
・WANTED!! 
・マテリアルGirl 

(アンコール)
・Love Diary 
・Dear My Friends 




インディーズ時代の曲から、最新シングルの表題曲&カップリング曲までと
幅広い選曲で行われましたが・・・ たったこれだけ!?というのが正直な感想。
最新シングルのCD購入対象者のみが搭乗できるチャーター便ながらも、
これは他の歌手でいう「単独ライブ」なわけですから、
当然2時間以上&20曲以上はやってくれると思っていたのに、
アンコール含めても1時間半で終わったというのは予想外。もっと聴きたかったです。


だがそれ以上に私的に気になってしまったのは、お客さんについてです。
女性ファンが全体の2割ぐらいいて、さらに女性専用エリアも設けられていたというのは
結構意外だなと思いましたが、これは良いことだなと。
それよりも引っかかったのは、男性ファンの方についてでした。
キャプテンの「あいぽん」こと根岸愛さんがソロで歌うパートになると、
観客が「あーーいーーぽん!!」「あーーいーーぽん!!」と大声で叫び出してしまい、
この声のせいで、肝心のあいぽんの歌が遮られて聴こえないというのはどうなんだと。
こういったことは他のクルー(メンバー)のソロパートの時にもチラホラありました。
これがアイドルファンならではのノリなのかもしれないですが、
あくまで「歌」が聴きたくてフライトに登場した私としては、
これはちょっとなぁ・・と感じてしまいました。確かにあいぽんは可愛いけど!
去年12月に関空にて搭乗してきたスペシャルフライト(フリーライブ)の時には
こんなことは無かったのですが・・歌中の叫び声とか無しで十分盛り上がってましたし。
今までアイドルグループのライブというものをほとんど体験して来なかった私の
個人的な意見ということで、どうかご了承ください。


しかしそんな中でも「夏空HANABI」と「WANTED!!」は最高でした。
「夏空HANABI」はただでさえ文句無しの名曲。これに加えて、扇子をかざしながら舞い踊る
クルー達のダンスが加わると、曲の魅力が2倍にも3倍にも引き立つ。
そして「WANTED!!」についても、サビのモンキーダンス風の振り付け含めて最高でした。
これは観客もマネして一体となって盛り上がることができるので、
今後もフライトの定番曲になるだろうなと感じました。


MCでは、全国ツアーということで各地の方言で観客と掛け合いをしたいという話が印象的でした。
「PASSPO☆のこと好き?」 「めっちゃ好きやねん!!」 これは見事に決まってました。
アンコールでは一部のクルーがスポーツ紙を読みながら登場。
この新聞にて、PASSPO☆のことが記事になったという話題で盛り上がりました。
その話題の中で「ぺすぽ」と噛んだクルーがいたのには(誰だったかは分からなかったです、すいません)
他のクルー達から総ツッコミを受けてました(笑)


次回フライトに搭乗する時は、質量ともに今回よりさらに良いフライトを期待したいです。
去年の初搭乗の時のファーストインパクトがあまりに大き過ぎて、
それと比べると2回目は・・というのも自分の中であったかもしれません。
あの時はまさかフリーでここまで素晴らしいものが見られるとは!と驚きました。
ということで、このフライトのノリについていけそうならばぜひ一度は搭乗することをオススメしたいです。


2 件のコメント:

sodalite さんのコメント...

曲数が寂しい・・・これだと物足りなさを感じてしまいますね。
「Next Flight」と「WING」もやってくれたら良かったのに。

アイドルのライヴは独特のノリや雰囲気がありますよね。
私は2004年のZONEのライヴでMIX(タイガー、ファイヤー、サイバー・・・)を初めて見たんですけど、目の前でやられたので歌と演奏が遮られて嫌でした。

アイドルのライヴのヲタ芸や喜多村英梨や黒崎真音といったロック系のモッシュは慣れていない人は引いたり身の危険を感じてしまうと思うので何らかの改善をして欲しいですね(初心者枠とかあったら良いんですけど設置は難しそうですね)。
それが良いんだという人の気持ちも分からなくはないんですけど、バラードの時に大声で叫ぶのはマナー違反だと思います。

ももクロがLOUD PARK 2011のアニメタルUSAのライヴ中に登場した時は出演時間も少しだったので特に批判は無かったみたいです


話をPASSPO☆に戻して「夏空HANABI」のセンスを使った振り付けは名振り付けですよね。MVも良いんですけどライヴやDance Shot Verで真価を発揮すると思います。
「No.1 boy」はサビがダブステップなので他の曲と異なる反応と盛り上がりをすると思っていたんですが、どうでしたか?

えむけー さんのコメント...

「Next Flight」と「WING」は去年12月の関空でのフライトではやってくれたんですけどね。どちらも鮮烈でした。
ZONEは一応バンドにもかかわらずそんなノリがあったとは知らなかったです。
黒崎真音さんのライブへは今度初めて参加してきますが、ロック系のモッシュは慣れてるので大丈夫です。
でも確かに今までライブ自体への参加経験が無い人は驚くかもしれないですね。何やらこちらも女性優先エリアの方は設けるらしいですが・・・

「No.1 boy」については、特に異なる盛り上がりという感じではなかったように思います。
実は、そもそもこの曲の存在自体を今回のフライトで初めて知ったんですよね。
私が購入したライブチケット付きのシングル「サクラ小町」のカップリング曲は「Wish On A Star」だったもので、
まさか通常盤のカップリング曲がこれとはまた別の曲だったという、アイドルにありがちな複数商法をやってたとは・・・
しかし曲自体は、1回聴いた感じではむしろ表題曲よりも良いと思いました。
個人的に野球好きなこともあってそう感じたのかもしれないですが、これはC/Wにはもったいないぐらいの曲ですね。