ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年12月22日土曜日

[ライブレポ]  SPINNING Real Alive Vol.1(Cyntia、CINQ ELEMENT)

12月20日(木曜日)、大阪・心斎橋club ALIVE!にて行われた
「SPINNING Real Alive Vol.1 in Osaka」に参戦してきました。
出演は、Cyntia、CINQ ELEMENTの2組でした。
今回はまず、開場前の時点である意味驚かされる、個人的に考えさせられることが
1つあったのですが、それはまた別の機会に書くことにして、
早速ライブ本編のレポの方を書きたいと思います。




・CINQ ELEMENT

鹿児島出身、紅一点ボーカル擁する5人組メロディック・ヘヴィネスバンド。
結成6年目だそうです。曲の方は事前にYouTubeで試聴してみたところ、
女性ボーカルと男性デスボの組み合わせと、サビのメロディアスさが
有名どころでいえば、かつてのHIGH and MIGHTY COLORに近いスタイルだと思ったので
秘かに相当期待はしてました。そしけ今回いきなりライブを体験した感想は・・・

まずボーカルのMajuさんの、セクシーで挑発的なライブパフォーマンスが
素晴らしかったです。美人でスタイルも抜群、ステージ栄えするタイプです。
これで歌唱力がもっとあれば最強だった。前半よりは後半の方がまだ声は出てました。
そして楽器隊の男性陣の皆さんはさすが鹿児島出身ということで、顔の方は
西郷隆盛を無造作ヘアにしたような顔だなと思ってしまいました(笑)
演奏についても迫力満点で、コーラスやデスボの入れ方も見事。
とにかく思っていた以上に超絶に激しい曲ばかりで、このすさまじい轟音には
やられましたし、一緒に全力で暴れたくなりました。ヘドバンしまくりでした。
歌メロ部分が思っていたより少なかった分、若干その歌メロが似た感じの曲が
多い印象もありましたが、しかしアンコールの曲を含め、計11曲前後も
やってくれたのは嬉しかったです。こんなに聴けるとは思ってなかったです。

このバンドの本当の魅力はライブを体験しないと分からないと思います。
ステージ全体から感じる迫力と個性が素晴らしい。これからにも期待したいバンドでした。

・Cyntia [セットリスト] ・Moonlight Roulette ・黎明 ・The Endless World ・色葬和音 ・Voice ・幻覚の太陽 ・Meteor Calling ・Through the Fire and the Desire (アンコール) ・Run to the Future 今回のお目当てであったCyntiaは2組目に登場。 関西でライブをやるのは初めてだそうで、彼女たちにとっても歴史的瞬間となる ライブに立ち会えて嬉しく思いました。実はこの時点で、前バンドのCINQ ELEMENTの あまりの轟音に耳が既に限界に達してましたが、しかしそんなことは関係ない!  ということでこちらでも思いっきり盛り上がらせていただきました。 さすが美形ガールズメタルバンドを名乗るだけあって、ステージ栄えは抜群でした。 楽曲・演奏の方は、CINQ ELEMENTの後に聴くとすごくポップに聴こえるんじゃないかと 思いましたが、よりメロディアスながらもこちらも迫力がありました。 そして、ボーカルのsakiさんの歌唱が思った以上に良かったのも嬉しかったです。 バックの音に負けないぐらいの声量があったのが何より一番良かった。 たまにキーが半音下がり気味になるところだけ改善すればさらに良くなると思いました。 タレントからメタル歌手になってわずか1年でここまでやれるとは・・・ MCではsakiさんが、関西ローカルの深夜番組「アゲぽよTV」に、 アゲぽよガールズ4期生としてレギュラー出演することが決まったという 内容の話をしてました。関東では自分の放送が見られないということで ぜひ放送を録画して送ってきて欲しいと言っていました(笑) そして個人的に一番楽しみにしていた「幻覚の太陽」もやってくれました。 サビで観客も一緒にみんなで手を振るところは楽しかったです。 ただこちらはCD音源と比べると、ややギターの音が引っ込んでいるように 感じてしまったか・・・これは前バンドのCINQ ELEMENTがツインギターだったので それと比べるとというのもあったと思いますが、でもメタルバンドならば ライブの時はサポートでもう1人ギターを入れてもいいのではと思いました。 美人女性ギタリストというのは他に探すハードルが高いかもしれませんが(汗) さらに「Meteor Calling」ではSakiさんが観客と一緒にサイリウムを振ったり、 「Through the Fire and the Desire」では一緒にタオル回しもやったりと いろんなスタイルに挑戦していく姿勢が見えたのも良かったです。 その「Through the Fire and the Desire」にて一旦ステージから全員立ち去り、 わずか8曲で終了なのか?もっと曲を聴きたかったと思いましたが、 すぐさま「シンティア ワンモア!」というアンコールが起こり、 それにすぐさま応える形であっという間にメンバー全員がステージに登場。 そして登場するなりSakiさんが「アンコールの曲を何にするか、裏でメンバーと話したけど やっぱりCyutiaといえばこの曲をやらないといけないよね」と一言。 わずか数十秒の間にそれを話す時間があったのかとツッコみたくなりましたが(笑) 最後にインディーズデビュー曲の「Run to the Future」をやって、終了となりました。 Cyntiaは来年の春にメジャーデビューが決定いたしましたが、 楽曲の方は即メジャーで通用すると思います。 結成してまだわずか1年、バンドとしての伸びしろはまだまだあると思うので 次にライブを観るときにはもっとスゴいステージを見せてくれるんじゃないかと 思いましたし、それに大いに期待してもいいような内容のライブでした。 ぜひメジャーシーンで成功を収めて欲しい! 彼女たちならそれができると信じたいです。

ライブ終了後は、CDを買った人を対象にした握手会&サイン界が行われ、 これには私も、CINQ ELEMENTのミニアルバムを買って参加してきました。 ただこの時の私は興奮と耳鳴りで自分の声すらまともに聴きとれない状態。 そのせいで、CINQ ELEMENTのボーカルのMajuさんにサインをCDに書いてもらう際に 何か話がしたいと思い声をかけようとするも、 「ライブパフォーマンスが素晴らしかった」と言いたかったのが、 「動きが良かった」などと言ってしまい自分でも何言ってんだ状態。 慌てて言い直しましたが、なんて恥ずかしいんだ俺! とか思いながらもしっかりと、Majuさんとはまず両手で握手、 さらにギターのSinさんと左手で&Majuさんと右手でのダブル握手までしてしまいました。 CDの方は話の中で宣言した通り、ブログでレビューしてお勧めしたいと思います。 文章が完成するのはおそらく来年頭になると思いますが・・・
以上、日本のHR・HMシーンがもっと盛り上がって欲しいと思わずにはいられない 素晴らしい2マンライブでした。またこういう形式のライブがあれば行きたいと思います。

0 件のコメント: