ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年5月8日火曜日

[ライブレポ]  「Scramble」(その1)

5月2日(水曜日)、大阪・船場のライブハウス「club MERCURY」にて開催された、
インディーズのロックバンド達が集うライブイベント「Scramble」に行ってきました。
出演者は、たかみーバンド、Cool Cat、ZZ+Monkey、稲田一馬、the武田組、以上の5組です。


今回の一番のお目当ては、もちろん言うまでもなくthe武田組だったわけですが、
それ以外のアーティストについても、動画サイトで検索してどんな曲を歌っているのかという予習はして行きました。
しかしCool Catだけは動画を見つけられませんでした。検索してもカバン屋さんのサイトとかが出てきてしまうので・・・


そして定刻の18:00ぴったりに、まず1組目、たかみーバンドのライブが始まりました。
しかし、個人的に予想外だったというか驚いたのは、この時点で観客が7~8人しかいない。
さらに、その数少ないお客さんに混じって、the武田組の武田さんが私の目の前にいる。
その後観客の数は途中で入れ替わりなどもあって最終的には30~40人ぐらいは来たのかなと思いましたが、やはりもう少しお客さんが入って欲しかったですね。
この後、というか最後のステージがスゴかっただけに・・・


それでは、今回の出演者達のライブステージについて、登場順にレポを書きたいと思います。






・たかみーバンド

自称ペーペーだと言ってましたので、まだ結成して間もないと思われる4人組バンドです。
いきなり1曲目で歌われた、哀愁バラード「街」は動画サイトにて聴いた時点で
良い曲だと思っていたので、これに関しては期待通りでした。
そして2曲目は一転ノリノリな曲。「♪君の魅力に吸い込まれていく」というサビ部分は
私の中では本当に盛り上がりました。他のお客さんももっとステージ前で盛り上がればいいのにと!
そして3曲目は「♪リッチな気分さ ヘイヘイヘイ~」とかいうサビ部分が印象的な曲。
4曲目「んな、アホな」では「♪そんなばなな~」というフレーズが面白かったです。
このように、1回聴いただけで耳に残るようなキャッチーさを持った曲が多いというのは
やはりこのバンドの強みだなと思いました。
サウンド的にはポップで聴きやすい曲が多く、万人ウケする要素はあると思うので、
今後の飛躍に期待したいです。


そしてステージ終了後、ボーカルのたかみーさんの方から私に声をかけてくれまして、
「街」「んな、アホな」の2曲が収録されたデモCDを頂くことができました。
ありがとうございます! まさか無料でもらえるとは思わなかったので、感謝です。





・Cool Cat

公式サイトによると1995年結成らしいです。もう17年目だとはビックリ!
ボーカル&ギターとベースの2人組。ドラムはサポートメンバーのようです。
ステージにはスーツ姿で登場。2人とも長身で端正な男前、これは誰かに似てるなぁと思ったら、
お笑いコンビのシャンプーハットに似てるということに気付いてしまいました。
もはや、左が小出水で右がてつじにしか見えなくなってしまったではないか!
肝心の曲の方は、洋楽志向のロックンロールといった感じでした。
このような、メロディの振り幅の少ないタイプの曲というのは個人的には普段あまり聴くことは無いのですが、しかし彼らのライブで曲を聴いてみると、これが素直に良いと思いました。
ライブパフォーマンスはベテランなだけあってさすがといった感じでしたし、
そのスラっとした見た目もあってか、ステージ映えするバンドだなと感じました。




・ZZ+Monkey

今回唯一東京からやってきた3人組バンド。
ステージの幕が上がった瞬間、そこにはバンドメンバーがステージ中央に1人しかおらず、
そして開口一番、驚くべき言葉が。

「本当に申し訳ありません! 解散することになりました!」

頭を下げて、観客・スタッフなどに謝罪するバンドメンバーの姿がそこに。

そして謝罪をしたメンバーと入れ替わる形で、バンドのボーカルが登場し、
1人でエレキギターを弾きながら、短い曲を3曲ほど演奏して終わりました。
「ケンカしてしまったんだよ・・・」「俺やっぱり歌が好きだよ・・・」
「バンドやりたいよ・・・」などとつぶやきながらの、ほぼ半泣きでのステージでした。
途中、観客の一人から「仲直りすれば?」という声もあがりましたが、
それに対しては、「もう無理だよ・・・」とのことでした。


正直これには困惑してしまいました。メンバーの1人がバックレたということは
容易に想像がつきましたが、しかし、今日のライブも含めて彼らのステージを待っているお客さん達は何人もいるのだから、せめてライブはちゃんとやり遂げてから解散という形にして欲しかった。
これは残念な結末だったなと・・・




しかししかし、それ以上に驚いたのは・・・



たった今、公式サイトの中にあるメンバー3人のブログを見てみたら、
何事もなかったかのように翌日の5月3日には広島でライブをやっているだと!? 解散したんじゃなかったのか!!??
しかも前日の5月2日の事については、3人ともにブログには一言たりとも記載無し。
あれはもう完全に無かったことにしてしまっているのか・・・


率直な感想を言うと、これは・・無いだろと思いました。






・稲田一馬

1人でギターの弾き語りという形式でのステージ。
力強い歌唱が印象的でした。しかし、曲についてはそれとは対照的に、
女々しい男について歌った内容の楽曲が一番のインパクト。
デートのドライブでは高速道路を使わずに一般道を走るなどといった歌詞は面白かったです。
この曲については本人の実体験だということを自ら認めておりました。
出来ればバンド形式で曲を聴きたかったですが、これに関しては仕方ないですね。



(その2へ続く)



0 件のコメント: