ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2011年11月23日水曜日

[CDレビュー]  熊谷育美「その先の青へ」


熊谷育美「 その先の青へ」
(2011/10/19) 

1. 再生 
2. 軸足 
3. 月恋歌 
4. 雲の遥か 
5. 夏の華 
6. 帰りたいよ 
7. 海 
8. 虹 
9. 人待雲
10. 人は皆、不甲斐ないね 
11. 果てない空 
12. 僕らの声
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





熊谷育美の1stアルバム。その美しくも芯のある歌声で、
聴く人たち全てを優しく包み込んでくれるかのような作品となっています。
全編通してバラード曲中心のアルバムとなっておりますが、
そこには同時に歌謡曲や和の要素といったものを感じられるのがこの作品の大きな特徴です。
繊細で切なげな和の雰囲気がたまらなく胸に迫りくる「夏の華」、
こぶしを利かせた歌唱含めて、曲全体から演歌や民謡のような雰囲気が感じられる「人待雲」、
曲中に入る口笛の音が懐かしい「海」などは特に印象的で、それらのどの曲も、
彼女の出身地である、宮城・気仙沼の美しい景色が浮かんでくるかのような曲となっています。


その中でもやはり最高傑作と言っていいのは、今作では4曲目に収録されている「雲の遥か」。
生まれ育ったふるさとや、家族のぬくもりを思い出させてくれるかのような曲で、
最近の曲にありがちな、母よ感謝してますなどのストレートな言葉は無くとも、
聴くだけで自然と、両親や故郷やふるさとの人たちへの感謝の気持ちが湧いてくる曲。
サビの「負けるな、と」という歌詞も印象的なこの曲は、あの東日本大震災後の直後に
地元宮城県のラジオにおいて何度も放送されたそうで、まさにこの地で多くの人たちを励ましてくれた曲でしょう。
それ以外のアルバム収録曲においても、1曲目の「再生」という曲や、ラストにて大団円を迎える「僕らの声」という曲には、震災からの復興への願いを感じることができ、
この地でこれからも歌と共に、そして多くの人たちと共に頑張っていくんだという思いを感じることができます。


ただ、「僕らの声」のような、ミディアムテンポの曲は他には8曲目ぐらいしかなく、
それ以外の収録曲はほぼバラード曲一辺倒といった感じでしたので、
アルバム全体でもう少し多彩なアプローチができればもっと良かったと思います。


しかしそれでも、1stアルバムでこれだけの魅力のある、そして歌の力を感じる作品を
作ってくれたのなら十分素晴らしい作品といえるでしょう。
特に、歌姫ファンには必聴作品と言ってもいいぐらいにおすすめです。
ピアノやギター弾き語り系の女性ソロ歌手が好きなら間違いなく気に入ると思うんですけどね。


2011年11月22日火曜日

[CDレビュー]  FLOW 「FLOW ANIME BEST」


FLOW「 FLOW ANIME BEST」
(2011/4/13) 

1. GO!!! 
2. DAYS 
3. Realize 
4. Re:member 
5. COLORS 
6. WORD OF THE VOICE 
7. WORLD END 
8. SUMMER FREAK
9. Sign 
10. CALLING 
11. 1/3の純情な感情 
12. FLOW ANIME OP・ED Size Special Collection  
13. FLOW - 2 ANIMEny DJ's MEGAMIX - 
14. METAL BLADE HIGH-SCHOOL  
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)





2011年4月にリリースされた、FLOWのアニメ主題歌のみを収録したベストアルバム。
彼らが「贈る言葉」のカバーで世に出てきた頃は、その当時売れまくっていた
某ミクスチャー系バンドと同様に、軽薄でチャラチャラした感じがしたため、
初期の頃は正直全く良い印象がなかったのですが、しかし、それから月日は流れ、
この間にアニメ主題歌として起用された曲を2~3曲ぐらい聴いた感じでは、
これは意外と良いかもしれないと思ったので、このアルバムを聴いてみました。


まず、今作の中でおそらく一番のヒット曲と思われる「COLORS」を聴いた時点で、
印象が変わりました。悩みや苦しみで閉ざしていた心が開かれ、
影から光に向かって進みゆくかのようなこの衝動を、ホーンなどの多彩な楽器を使った
開放感抜群のバンドサウンドで表現している。
こんな曲を作ってくれるとは、デビュー当時からすれば想像もつかなかった。


そしてこの曲以外の収録曲も、アレンジ面を中心に、初期の頃よりも楽曲に
深みが出てきているのが分かり、バンドとしての成長を感じることができます。
それは初期路線の「SUMMER FREAK」のような曲でも感じますし、さらにはカバー曲の
「1/3の純情な感情」でも、重厚かつメロディアスなギターアレンジが印象的でとても良いです。
サビのメロディと歌唱が最高に気持ちいい「Sign」は私的ベストトラック。
そして終盤の12~14曲目は実質ボーナストラックといった感じですが、
そこでは13曲目にて今作収録曲のメドレーのリミックスがあったり、
さらにラスト曲では高校生活のあるあるネタをセリフに交えた曲があったりといったように
遊び心も感じることができ、聴いていて楽しかったです。



この出来ならばオリジナルアルバムも聴いてみたいし、さらにはライブにも行ってみたいとまで思いました。
まさか、ここまで印象が変わるとは・・・ やはりちゃんと作品を聴いてみないと分からないものですね。


2011年11月8日火曜日

[CDレビュー]  SCANDAL 「BABY ACTION」


SCANDAL 「 BABY ACTION(初回生産限定盤)(DVD付)」
(2011/08/10)

1. GLAMOROUS YOU 
2. その時、世界はキミだらけのレイン 
3. LOVE SURVIVE 
4. Sparkling 
5. BURN
6. アップルたちの伝言 
7. 東京スカイスクレイパ━ 
8. Pride 
9. ハルカ 
10. スキャンダルなんかブッ飛ばせ
11. Very Special 
12. one piece  
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)






SCANDALの3rdアルバム。今作は、過去の作品と比べても最高傑作だと思いました。
前2作で感じた、アルバム前半に収録されている素晴らしいシングル曲たちと比べると
後半のアルバムオリジナル曲が弱いという問題点が、今作では無くなり、
アルバム曲も1、2曲目を筆頭に良い曲が揃い、さらには曲順も後半の8~10曲目に
質の高いシングル曲を持ってくることで、最後まで飽きさせない作品構成になったのが良かったです。
今作で一番感じた前作までとの違いは、ボーカル4人の掛け合いの迫力が増したということ。
2曲目の「♪アブラカタブラ」というコーラスなど、耳に残る掛け合いも多いですし、
以前まではメインボーカルのHARUNAさんの声質ゆえにZONEと比較されることも多かったですが、
今作は、メンバー全員で歌ってそして曲を演奏しているんだという一体感を今まで以上に
感じさせたことで、バンドとしての個性・独自性がより一層増したと思います。


何よりアルバムオリジナル曲が、多様かつ質の高い曲ばかりなのが本当に良かった。
初期のガレージロック路線の曲「その時、世界はキミだらけのレイン」や、
静かに燃えるような風味を感じるバラード曲「BURN」は特に印象に残りましたし、
ブラスバンドの音が曲を盛り立てている「アップルたちの伝言」や
キーボードやスクラッチ音や電話のプッシュホンの音が曲を盛り立てている
「東京スカイスクレイパー」など、アレンジ面においても面白い曲が多いので、
聴いてて最後まで飽きないです。
完全自作曲の「Very Special」もシンプルながらも良い感じ。アレンジ面でうまくカバーできていたと思います。


もちろんシングル曲も、切なさの中にも熱い決意を感じさせてくれる曲「Pride」は
やはり今作の中でも一番ですし、ハードながらも同時に昭和歌謡っぽい雰囲気も感じる
ロックナンバー「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」もカッコ良い。
さらに、先にシングルで聴いた時は穏やか過ぎる感じがして微妙に思った「ハルカ」も、
このアルバムの多種多様な楽曲たちの中の1曲として聴くと、こういうのもまた良いなと思いました。


このアルバムを聴く前までの、今年の私的名盤アルバムランキングは
同じくガールズバンドであるFLiPの1stフルアルバムが今のところ1位かなと思ってましたが、
しかしこちらのSCANDALのアルバムも、音楽の方向性は全然違うながらもそれに負けず劣らず素晴らしい。
この2組の違いを1行でまとめると、迫力ではFLiP、カラフルさではSCANDAL。
さらに、それに加えて12月にはステレオポニーの3rdアルバムも控えていますし、
ここまで、メジャーの音楽シーンにおいてガールズバンドの作品が充実するということは
ほんの3~4年前までは考えられなかった。それだけに嬉しい限りです。