ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2008年12月29日月曜日

[CDレビュー]  re-in.Carnation∞YURIA「月のキヲク ~lunatication~」


re-in.Carnation∞YURIA「 月のキヲク~lunatication~(DVD付)」
(2008/1/17)

1. prologo 
2. 例えるのなら、美しく残酷な華
3. カナシミノウタ 
4. 薬草
5. 破遍 
6. キヲク 
7. patria
8. 棘 
9. memento 
10. la luna che pianto
11. うずまき
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





re-in.Carnation∞YURIAの1stアルバム。
とある深夜番組でこのバンドの曲を聴き、一瞬のうちに惹き込まれたのがきっかけで
このCDアルバムも聴いてみたいなと思い、ようやく聴いてみたところ・・・ 
予想の遥か上を行くような、とんでもない作品でした。

とにかく音作りが、これでもかとばかりにすさまじい。
メタル的な激しいエレキギターの音、キーボードの幻想的な音、
ストリングスの壮大な音、その他バイオリン、笛などのさまざまな楽器の音が
これでもかとばかりに複雑に絡みながらも融合した音楽は、
ドラマチックで、前衛的で、芸術的。
それらはたった1曲の中においても、さまざまな展開美を見せ、
時には王道路線、時には変則的な展開・・・ 
これはまさに予測不能、それでいて圧巻。
曲調自体はバラード曲が多いですが、どの曲も他の曲とは似ていない。

それでいてアルバム全体が、いわゆるコンセプトアルバム的な、
完成された世界観を持っているというのも素晴らしい。
そしてボーカルのYURIAさんの、甘さと力強さを併せ持った歌声も、
曲の魅力を一層引き立てていると思います。

しかもそれでいて本当にすごいと思うのは、
これだけ芸術性の高い、前衛的な音楽でありながらも
同時に、万人に向けておすすめできるような、
キャッチーさも持ち合わせているというのがすごいです。
歌メロの良さ、特にサビメロのキャッチーさは
このような前衛的な音楽をやっているアーティストの中ではNo.1なのではと思います。

元々ボーカルのYURIAさんは、いわゆるアニソン系の歌手らしいですが、
この作品は、アニメ云々は関係なく、
歌姫好きや、芸術的で壮大な音楽が好きな人ならぜひ聴くべき!
特に、OLIVIAやALI PROJECTあたりが好きな人が聴けば感動するのではと思います。