ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年6月26日月曜日

[私的名曲ランキング]  2017年5月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。
2017年5月度は当ブログ的には珍しいほどに有名な歌手の曲が
多くランクインしたかもしれない。ということで早速いってみましょう。




第10位 さユリ「来世で会おう」 [公式PV]

1stアルバムのリード曲?かどうかはさておき、
この歌手は周りで人気が高いのも納得できる曲が現れてくれた。
歌唱に迫力があって間奏やアウトロのギターのメロディも良い。




第9位 コブクロ「心」 [公式PV]

久しぶりにコブクロのバラード曲で一気に惹きつけられるような曲に
出会った気がする。昔はよくカラオケで歌ったものでしたよ。
声の良さは相変わらずな上に、もう一人の自分を歌った歌詞に深みを感じる。




第8位 LOVEBITES「Don't Bite The Dust」 [公式PV]

CYNTIAが世に出てきた頃を彷彿させるような、キラキラ感が溢れていて
メロディアスで聴きやすいガールズメタルを歌うバンドがまた1組現れてくれた。
ギターのmidoriさんは激情★めたりっちぇというメジャーデビューを果たして
速攻解散したバンドのメンバーだったということに一番ビックリした。
関西出身若手バンドの中では当時最も期待していただけにそりゃ復活は嬉しい。




第7位 ウルフルズ「バカヤロー」 [公式PV]

こちらもまたバラード曲で久しぶりに傑作曲に出会った気がする。
辛くても苦しくてもガムシャラに人生を生きていこうと歌う姿に胸を打たれる。
以前に店内のFMラジオで流れてたのを聴いた瞬間に月間マイベスト10入りを決めました。




第6位 少年がミルク「I love you」 [公式PV]

ピアノを生かしたバンドサウンドにのせて、キュートでパンキッシュなボーカルが歌う
シュール全開の歌詞世界。これには芸術性の高さを感じずにはいられない。
病みかわアイドルグループのぜんぶ君のせいだ。とは同じ事務所所属、
やはりこのバンドが覆面でぜん君の曲や歌詞を作ってる可能性が高いとあらためて思った。




第5位 Party Rockets GT「START!!」 [公式PV]

透明感のあるボーカルに加えて、ギターのメロディが素晴らしい。
大海原へと航海に旅立つかのようなスケール感に溢れている。
PVが作られた曲では2014年8月度1位の「KASABUTA」以来の文句無しの傑作。




第4位 THEイナズマ戦隊「赤い命が燃えている」 [公式PV]

2000年代の名曲の数々を彷彿させるほどにサビメロがキャッチーな上に
歌詞が相変わらず良いよなと思う。「へこたれながらも一歩ずつ それぐらいが丁度いい
あんまり上手くいってると 浮き足立つからね」これはただの脳筋野郎には描けないっすよ、
そりゃアイドルへの楽曲依頼も来るよなぁ。しかし今月はコブクロにウルフルズにイナ戦にと、
2000年代にカラオケでよく歌ってた歌手ランキングといってもいいようなメンバーが揃ってしまったのはなぜだ?




第3位 BiS「SOCiALiSM」 [公式PV]

シュールで型破りなスカパンクチューン。こういう曲を待ってた。
メンバーそれぞれの歌声が生きていて、さらにはブラスバンドのメロディも良い。
ライブだと更に盛り上がれそう。まさに完全復活を決定づけてくれた曲だ。




第2位 魔法少女になり隊「ヒメサマスピリッツ」 [公式PV]

和風EDMサウンドとバンドサウンドを組み合わせた男女ツインボーカル楽曲。
これにはイントロから一気にもっていかれるほどにテンション最高潮。
まるでGacharic spinとFROZEN CAKE BARと和楽器バンドを足したような曲だ・・と思いきや
2017年1月度1位のCOLOR COLOR CLOWN「華が如く」にも全く同じこと書いたなと思い出した。
「ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド」というキャッチコピーからして
今後楽しみなバンド。次はライブで一緒に盛り上がりたいと思えてくる。




第1位 鈴木このみ「Blow out」 [公式PV]

伸びやかでキャッチーさ抜群のサビメロに、BABYMETALなどへの楽曲提供でおなじみの
ゆよゆっぺのアレンジが加わったエモい曲を、抜群の歌唱力で歌うという、
これぞ勝利の方程式。今月の必勝請負人が、初の月間マイベスト10の1位。
「愚かでも無謀でも 運命を切り開いていけ」
こういった音楽に今までずっと励まされて生きてきた・・・そりゃ文句無しだ。




(今月の次点)
・椎名ぴかりん「バババーババウムクーヘン★」 [公式PV]

魔界からやってきた魔界人アイドルがバウムクーヘンを作ってみたという曲。
聖飢魔Ⅱ「恐怖のレストラン」をアイドルっぽくしたらこうなったって感じか?
血を入れるとか歌ったりデスボイスかましたりとかしてるけどそれも含めて可愛いから
これぞ小悪魔ちゃんと呼びたい。土下座しながら一緒にバウムクーヘンを食べたい。



2017年6月20日火曜日

[ライブレポ]  Phantom Voice、DISDOL、アンダービースティー、他「アイドルCAMP」

5月20日(土曜日)神奈川・CLUB CITTA'で開催された、
Phantom Voice主催の対バンアイドルイベント「アイドルCAMP Phantom Voice 
LAST対バンLIVE SP」に行ってきました。

この日は18時から東京・赤坂BLITZにてがんばれ!Victoryの
ラストライブに行ってきましたがその前に、いつか関東に行った時には
ライブを体験したいと思っていた、DISDOLとアンダービースティーの2組が
揃って出演するロック系アイドルのライブイベントを見つけたので
急遽そちらにも行ってみることに。会場は神奈川県川崎市にある
通称川崎クラブチッタ。ここはハードロック、メタル、ヴィジュアル系のバンドの
ライブが多い会場ということで有名。実は来るのは2回目だったりする。
初めて来たのは2014年9月に開催された「アニソンロック」というライブイベントで
Aldious、黒崎真音、上坂すみれなどが出演していて最高に楽しかったが(レポはこちら)
結局アニソンロックはこの1回限りで終わってしまった・・・
この日はハードロック系アイドルグループが多数登場するライブイベントということで
出演者はこちらの17組でございました。

11:00~11:15 オープニングシスターズ
11:15~11:35 蜂蜜★皇帝
11:35~11:50 TEARS-ティアーズー
11:50~12:10 虹色幻想曲~プリズムファンタジア~
12:10~12:30 Tick☆tik
12:30~12:50 DISDOL
12:55~13:15 CANDY GO!GO!
13:15~13:30 SOUL UP
13:30~13:45 安島菜々
13:45~14:05 Barbee
14:05~14:20 Phantom Voice
14:25~14:25 アイドル諜報機関LEVEL7
14:45~15:05 BABY TO KISS
15:05~15:25 アンダービースティー
15:25~15:45 ケミカルリアクション
15:45~16:05 SAY-LA
16:05~16:25 8princess

この中の蜂蜜★皇帝からアンダービースティーまでの計13組を観てきました。
昼ごはんを食べるために15時半には会場を出ることになってしまいましたが、
13組の中から特に印象に残ったグループを書いていきたいと思います。



・蜂蜜★皇帝

岐阜発5人組メルヘンロックアイドル。読み方は「はちみつエンペラー」。
蜂のコスプレをしたアイドルグループという見た目の時点から面白いし、
時にシャウトを交えたロック系の曲もコンセプトに合っている。
てっきりミツバチということでブーンブンシャカブブンブーンとか歌い出すのかと思いきや
全然そんなことはなかった。ガールズロック好きなら刺さること間違いなし。



・虹色幻想曲~プリズム・ファンタジア~

2015年結成、「咲き誇れ名も無き花」というキャッチコピーを擁する6人組グループ。
弦楽器系の音を取り入れた曲があったりと全体的にアニソン風の曲が多くて
このグループってElemens Gardenプロデュースだったっけと間違えそうになるほど。
まさに名前通りのファンタジックでスケール感のあるライブステージを見せてくれた。
なおライブ終了後の物販では、初めてライブに来た方には2ショットチェキを
無料で撮影できるというサービスをやっているということで、
メンバーの雛形まりいさんに声をかけてもらい一緒にチェキを撮ることができました。
その後にCDも買おうかと思いきや、これがまだ1枚もリリースされてないようで・・・
せっかくこの日一番の新たな収穫だと思えるぐらい名曲揃いだったのに、
CDリリースまだですかね?てか出す前に今年のTIFへの出演が決定したというのはビックリ。



・DISDOL

本日のお目当てその1、8人組ハードロックアイドルユニット。
公式プロフィールに「V系メタルハードロック好きな人もそうでない人も
共に楽しめるステージを展開しています」と書かれていたのを見つけた時点から
大注目していたのでやっと念願叶ってのライブ。この日は1stミニアルバムから「chessman」、
6月1日リリースのニューシングルから新曲「As a Bird」などを披露してくれましたが
ぜひ聴きたいと期待してた「VICTORIA」「FLASH BACK」のどちらも歌わず終わったのは残念。
せっかく最強キラーチューンを2曲も持ってるというのにやらないのはもったいない。
あと終演後の物販ではチェキを売るのみでCDが目の前に置かれていないってのは
運営の姿勢としてどうなのかなと思ってしまいました。
1stフルアルバムを買おうかなと思っていたのでスタッフの人に聞いてみたところ
一応1枚だけ奥の方から持ってきてくれましたが、欲しかった会場限定盤ではなかった。
通常盤で特典が何もつかないならばタワレコのポイントを使って買った方がいいし・・・
だがそれでもメンバーの小夏ちえりさんは、公式HPでのチケット予約の際にも
推しメンに挙げさせてもらいましたよ。「VICTORIA」の作詞も良かったし、
何より公式プロフィールの好きなアーティストの欄にJAM Projectと書かれてたのには
大いに親近感を持ちましたからね。ハードロック・メタル系のバンドやグループの
メンバーの中には好きな歌手にJAMの名前を挙げている人を時々見るのだが・・・



・CANDY GO!GO!

2010年結成の5人組渋谷系ガールズロックアイドルユニット。
普段なら敬遠してしまいそうなキャッチコピーだがこれが意外と良かった。
「ワンチャン☆サマー」はPERSONZの本田毅さんが楽曲提供しているというから
そりゃ好きになるよなと思った。80~90年代ガールズロックを代表する
バンドのメンバーが作ってるだけに。ドラムとギターのリズムは確かに渋谷系っぽい。



・Phantom Voice

ほとんど知らないグループでしたが本日の主催者なので触れないわけにはいかない。
この日をもって解散を発表することになった8人組アイドルグループ。
調べた所によるとこのグループの楽曲を手がけていた鵜島仁文さんは
アニソン系の楽曲を多く提供していた実績があるということで
そりゃ文句無しに好きなロック系の曲ばかりでした。解散が惜しいと思えてくる。



・アンダービースティー

本日のお目当てその2、「激しい低音が特徴のヴィジュアル系ロックユニット」
というキャッチコピーでおなじみの6人組グループ。この日はさっそく2曲目に
1stシングル曲にして最強キラーチューンの「raven」を歌ってくれて感激しました。
「這い上がれ今この場所から」「羽ばたけ 願う未来がある」
こういう音楽に今までずっと勇気づけられて励まされてきたんですよ。
下剋上を歌った熱い曲で最高だ。ロック系の地下アイドルが歌う曲としてもピッタリだ。
ダンスパフォーマンスの方も縦に並ぶフォーメーションがあったりと
この日出演の他のグループにはない独自の魅力を出せていたと感じられた。
3曲目には、同じく女性V系ロック風の2ndシングル曲「UB TRY」、
そして4曲目には3rdシングルでこちらもぜひ聴きたかったキラキラデジロックチューン
「Black Jet」と、この日のライブで期待していた曲が全部聴けた。
まさに王道のセトリでバシっと決めてくれたのが何より良かったし
これには最高に盛り上がることができました。私の中では圧勝でこの日の優勝です。
終演後の物販には行きたかったのだが時間が無かったのが惜しい。またライブに行きたい。
そのためにもぜひ地下から這い上がって全国で活躍できるグループになって欲しいですね。



(続く)