ブログトップ

ガールズロックの名曲紹介が中心の歌姫系ブログ。バンドを推しつつも時々アイドル、アニソンと幅広くほぼ毎日更新しています。2018年1月リニューアルオープン。相互リンクも大募集中。コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2018年4月22日日曜日

あゆみくりかまき「残像フラッシュバック」 (2018/3/28)


3月にリリースされたばかりの最新アルバムのリードトラック。
この曲を初めて聴いたのは今年2月に開催されたでらロックフェスのステージでしたが
あの時の感動は今でも鮮明に覚えている。でらロック即優勝決定レベルだった。
サビの伸びやかでどこまでも突き抜けていくようなメロディと歌唱に
疾走感溢れるサウンド、歌詞、全てがエモい。泣けるほどにエモ過ぎる。
「♪あの時諦めてたことを このまま諦めなけりゃいいな」 
「♪あそこにしまってた心を 君と解凍できたらいいな」
この曲を聴いて、諦めかけてたことにもう一度挑戦しようと本気で思えた。魂を突き動かされた。
作曲はBiSやBiSHの楽曲でおなじみの松隈ケンタさん。これまでも数多くの名曲を
作ってきたがその中でも史上最高レベルの曲であり、間違いなく2018年を
代表する傑作曲。アルバムレビューも近いうちにと思ってます。


[収録作品]
・大逆襲




2018年4月20日金曜日

榊原ゆい「Endless Fighter」 (2014/8/27)


2014年リリースのアルバム曲でアニメ「一騎当千 Extravaganza Epoch」主題歌。
この曲は編曲の素晴らしさに圧倒された曲として今でも鮮烈なまでに印象に残っている。
大部分がシンセと打ち込み中心のデジタルアレンジにして
雄大なシンフォニックロック風の曲を作りあげたという唯一無二の曲。
これぞまさにキラッキラな光とともにヒーロー・ヒロインが降臨したかのような曲で
超絶カッコいい。ギターはほとんど登場しない曲だが唯一2番終了後の間奏部分で
メタリックなギターソロを聴かせてくれるのがこれまたツボにはまりまくる。
こんな輝かしい曲は他に聴いたことが無いレベルの大傑作ということで、
今思えばこの曲が2014年の私的ナンバーワン楽曲でも良かったのではと・・・
いよいよ明後日の23日には東京・新宿で開催されるガールズロック・ガールズメタル系の
イベントライブに出演するということで、ついに初めてライブを体験しに行ってきます。
もしもこの曲をやってくれたならば感動そして悶絶ですよ。


[収録作品]
・Amazing




2018年4月18日水曜日

Drop′s「トラッシュ・アウト」 (2013/3/6)


2013年にメジャーデビューを果たした、ブルースロックを奏でる北海道出身ガールズバンドの
インディーズ時代の作品。この貫禄の楽曲とボーカルは良い意味で若手バンドとは思えない。
ガールズバンド離れしている。ボーカルの中野ミホさんはこの曲を歌っていた当時
19歳だったというからなおさらビックリ。さすが大自然広がる北海道で育っただけあってか
歌声が骨太で野性味を感じられる。実家に木彫りの熊とかが飾られてそう。
これまでNAONのYAONなどの大型音楽フェスにも出演経験があり、今年に入ってからも
地元北海道でGacharic Spinと対バンしたりなど精力的に活動しているバンドなだけに
更なる躍進を期待したいです。目下のライバルはGLIM SPANKYか?


[収録作品]
・LOOKING FOR




2018年4月17日火曜日

Superfly「ハロー・ハロー」 (2007/4/4)


2007年リリース、当時は2人組として活動していたユニットの記念すべきデビュー曲。
どこか懐かしさや郷愁を感じられるバンドサウンドにのせて歌われる
歌詞のメッセージが心に響く。人の温もりを感じさせてくれる。
ハローという1フレーズがここまで響く歌を聴いたのはいつ以来だっただろうか。
「♪ためらわずに交そう」は本当にそうだよなぁと、人と心を通わすには
まずは挨拶からと教えられたのをあらためて思い出させてくれた・・・
ボーカルの越智志帆さんの歌唱がデビュー当時から素晴らしかったのは聴いての通りで
声質にも芯の強さを感じられたからこそ、より楽曲に説得力を感じられた。
1stアルバムでオリコン1位を獲得して一気にブレイクを果たしたのは鮮烈でしたね。
この楽曲、そして歌唱の実力がちゃんと評価されたのは本当に良かったなと、
まだまだ今の音楽シーンも捨てたもんじゃないなと2000年代の当時は思ったものでした。
結婚しても名曲を歌い続けてくれることを楽しみにしています。
いつかライブを体験したいというのは思い続けているんですけどね。


[収録作品]
・ハロー・ハロー


・Superfly (2008/5/14)