ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年10月19日木曜日

[CDレビュー]  仮面ライダーGIRLS「invincible」


仮面ライダーGIRLS「 invincible (ALBUM+Blu-ray Disc)」
(2017/8/23)

1. B.A.T.T.L.E G.A.M.E (KAMEN RIDER GIRLS version)
2. Reason for
3. Time of Victory
4. Next stage (album version)  [公式PV]
5. PEOPLE GAME (KAMEN RIDER GIRLS version)
6. Future Capture
7. 風の向こうへ
8. Movin’on (album version)  [公式PV]
9. Stormy Story
10. Let’s Try Together (album version)
11. YO-SO-LO!
12. Girls Anthem ~with our BIG LUV~ (album version)
13. The theme song of Sunagawa-shi, Hokkaido (Let’s Dancing) 【BONUS TRACK】
14. レッツゴー!!ライダーキック (Rebuild) 【BONUS TRACK】
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




仮面ライダーGIRLSの3rdアルバム。2015年リリースのベスト盤以来のアルバムで
オリジナルアルバムとしては約3年半ぶりという待ちに待ったリリース。
今作も序盤の1、2曲目から特撮ソングらしくカッコいいハードロック系楽曲の連発。
続く3曲目の「Time of Victory」も冒険心をかきたてられるようなスケール感のある
ハードポップナンバーで、タイトル通りに勝利への希望を感じられる名曲。
ここまでを聴いた段階では今作も1st、2ndに続いて大傑作確実かと思ったものだが・・・

4曲目に収録された「Next stage」は先行シングル曲として聴いた通りの
90年代のエイベックス系の曲を彷彿させる軽快なデジタルポップスで
楽曲自体は良いのだが、タイトルからして仮面ライダーGIRLSにとっての
次のステージはこういう曲調の楽曲を歌っていくという意味で出した曲なのか?
といった疑問を感じた。つまりは路線変更でなければいいなと思ったが、
結果的にはこの曲の流れを汲んだかのように、今作はここから終盤の14曲目までの
大多数の曲はデジタルポップ系のサウンドが目立つ作品となった。
同じくシングル曲(両A面シングルの2曲目)の「movin’on」に至っては
「Next stage」よりも軽いデジタルポップス。それなりにキャッチーではあるが、
シングル曲ならば両A面の1曲目だった「Rush N' Crash」という
王道の傑作ハードロックナンバーをなぜ収録しなかったのか?
なぜPVすら作られてないのか? YouTubeにもインストアライブの
映像ぐらいしか無いなんてのは寂しいですよ(参照)

9曲目「Stormy Story」はまるでI've Soundのメンバーが作曲したみたいな
シンセがウィンウィン鳴り響くデジロックで、惜しくも引退した川田まみさんが
現役ならば歌ってそうな曲。これも楽曲自体は良いんですけどね。
11曲目「YO-SO-LO!」は終盤でドンと盛り上がるにふさわしいお祭り系楽曲だが
過去の曲でいえば同系統の「E-X-A」の抜群の高揚感と興奮に
並ぶレベルまでは達してないような気がするのはなぜなのだろうか。
ボーナストラックとして収録された13曲目「The theme song of Sunagawa-shi, Hokkaido」は
AbemaTVの企画をきっかけに作られた、北海道・砂川市のテーマソング。
作詞がメンバー全員の共作というのは意欲を感じられたが、肝心の楽曲の方は
収録時間1分にも満たないピコピコポップスで仮面ライダーGIRLSらしさが全く感じられない。
せっかく作詞頑張ったんだからもっと良いメロディをつけてあげて下さいよ。
14曲目「レッツゴー!!ライダーキック (Rebuild)」は1971年の仮面ライダー主題歌を
ユーロビートにのせてカバー。これは何気に後半の曲で一番好きかもしれない。
初期のm.o.v.eが好きな者としてはそりゃハマるも当然ってことですよ。

結局のところは個人的に期待通りの曲は1、2、6曲目のみ、これらの曲は
間奏のギターソロなども含めてハードロック・メタルの影響を受けたメロディ全開、
JAM Projectのガールズロックバージョンみたいな曲でカッコいい。
さらに12曲目「Girls Anthem ~with our BIG LUV~」もエレキギターを
思いっきり効かせたガールズロックで、歌詞も含めて仮面ライダーGIRLS自身を歌った
主題歌のような曲だが、この曲は1stアルバムにも収録されている楽曲の再録バージョン。
これを入れるぐらいなら「Rush N' Crash」をちゃんと収録して欲しかった。
今作は曲自体は好きなんだけどリクエストしたものとは違うのが出てきた感ありあり、
例えるならば中華料理屋でラーメンを注文したらカレーが出てきた、
アニソンイベントでJAM Projectの曲をリクエストしたらfripSideが流れてきた、
アイドルフェスでPASSPO☆が登場すると思いきやベッド・インが出てきたみたいな。
確かに初期の頃の楽曲にもデジタルポップ系の曲はあったが、
やはり1stアルバムでHR/HMの逆襲だと宣言し、作家陣にデーモン閣下まで召喚させた
あの頃の勢いを取り戻して欲しい思ってしまう(当時の記事はこちら)
これからも仮面ライダーのTV放送が続く限りは仮面ライダーGIRLSの活動も
続いていくと信じているので、とりあえず次のアルバムでは2nd以前の作風に戻した上で
「Rush N' Crash」を収録して欲しいです。別に次回でも遅くはないですからね。







2017年10月13日金曜日

[ライブレポ]  MINAMI WHEEL 2017(SECONDWALL、HEADLAMP、Jin-Machine)

(前記事はこちら)

・SECONDWALL

2009年に結成された5人組女性ボーカルバンド。当ブログの月間マイベスト10の常連。
リハーサルで最も聴きたかった「君の世界を」をやってしまったのは惜しかったが
それでも本編では「アイデンティティ」や「恋の終わりに、桜舞い散る」、
さらにはライブ会場限定の最新シングル曲「言葉」「ゼロ」などが聴けて良かった。
エモロックをポップに聴かせてくれるのがこのバンドの一番の魅力。
ボーカルの声質が良いからこそでしょうね。曲調にもうちょい多彩さが出てくれば
なお一層良くなるはず。大阪でのライブは昨年のミナホ以来1年ぶりだそうで、
MCではここに来るまでが本当に大変だったとばかりに、ボーカルのYUKAさんが
涙ながらに感謝の気持ちを語っていたのが印象的でした。そんなに色々あったのか・・?
前作の「恋の終わりに、桜舞い散る」は深夜ドラマ主題歌に起用されていたし
てっきり順調に活動を続けているとばかり思ってたから、これにはビックリ。
ともあれ音楽にかける必死な思いが伝わってくる歌手は、それだけで応援したくなりますよね。



pangeaで桐嶋ノドカとSECONDWALLを観た後は、この日のトリを飾る
Jin-Machineというネタ要員(?)を確実に見たいということで早めに
KINGCOBRAへと移動。この日ずっとKINGCOBRAは入場規制がかかってましたからね。
このライブハウスが他の会場と違うところは、リハーサル中は黒い幕がかけられていて
客席からバンドメンバーの皆さんの姿が見えないということ。
HEADLAMPのリハーサル中、これはいい曲やってるなと思いつつも
幕があるばかりに盛り上がりが微妙で何だか惜しかった。幕無しでもよかったのに。



・HEADLAMP

大阪・高槻市出身の4人組若手バンド。前述の通りリハーサルや1曲目の時点から
気持ちが伝わってくるものがあって、これは期待以上だと確信しました。
2曲目に披露された「夏、駆けっ娘」も最初に試聴した時は
このバンドもまた典型的な関西若手ギターロックバンドになってしまったのかと思ったが
いざライブで聴いてみるとお祭りっぽい曲調なだけにそれなりに楽しく盛り上がれる。
その曲の直後にボーカルが「楽しいことばかり歌うバンドではない」
「1人1人の命に届く歌を」などと熱く語り始めたのには、おーーっ!と思った。
その後に披露されたミドルテンポ曲はドラムの力強いリズムが響いてくる曲で
これまたカッコ良かった。まるで高校野球地方大会中継テーマ曲みたいだった。
そしてラストで「NEW ORDER」という最も聴きたかった曲をやってくれたのには
思わず感動してしまった。「♪靴紐をもう結び直して行こう」などといった
荒野を走り抜けるランナー感ある歌詞もこれまた良い。
やっぱりどんなジャンルの音楽であろうと魂のこもった歌を聴かせてくれる歌手は
心を突き動かされるものだと感じられた。こういうバンドには成功して欲しいと思えてくる。



・Jin-Machine

2005年に仙台で結成された、日本一面白いヴィジュアル系バンド。
ボーカルのfeaturing16(フィーチャリングイチロー)さんはティーライズ所属の
お笑い芸人としての活動実績もあるということで以前から気になってましたが、
まず登場前のリハーサルが終わった後に「どうせ幕の外には2~3人しか
いないでしょうから今から親戚の人や、三角公園でナンパした人を連れて来て下さい」
「この後登場のガゼットでした」 もうこの時点で本日の優勝ならぬ優笑が決定。
幕があることを逆手にとって笑わせてくれるとはさすがだ。
そして本編開始、1曲目の「がんばれ!桜、アディオス」から最後の曲まで
どの曲も予想以上にメタル色の強いヘヴィロックが中心で、演奏や歌唱の迫力が素晴らしかった。
それに加えてステージと観客との一体感が圧倒的。観客の約8割はバンギャ(女性ファン)で
曲に合わせて一斉に右に左に行進したりヘドバンしたり土下座したりと
一緒に盛り上がりまくることができてとても楽しかった。
個人的には女性客が多いライブってだけで新鮮で・・ヘドバンの見た目も豪華に感じられる。

その一方でMCの方では期待通りに笑いが満載。
ボーカルが他のメンバーを紹介する際には「顔面白塗りだけど至って健康です」
「タバコも酒もしません、シャ・・何でもない」いやシャブもやってないよな!?
さらに自己紹介で「ニャン♪」と猫の鳴きマネをしたメンバーを見ると
ボーカルが「男性はこういうぶりっ子を嫌う」ということで男性客にブーイングを要求して
本当にそれが起こったりしたのもこれまた笑ってしまった。
さらにミナホ出演直前に会場前で宣伝をするもお化粧バンドには世間は冷たいそうで
これにはクソーッって思うけど言い返せる要素が無いといった自虐ネタも交えつつ、
それでも念願のフェス出演なだけあってか、初めて来た人にV系の文化を体験して欲しいなど
自身の音楽に対する真剣な思いが伝わる言葉が聞けたのも良かった。
やはりV系も含めたいろんなバンドにフェス出演のチャンスがあった方がいいですよ。

ライブ後半には期待していた「ゴリラ」も披露。歌詞にリアルで100回以上
ゴリラというフレーズが出てくる曲で、自分の胸を叩く振り付けを
観客たちみんなで一斉にやったりと期待通りに面白かった。
さらに曲の終盤ではなぞかけも披露。「KINGCOBRAとかけまして・・・」
「KINGCOBRAとかけまして・・」それを連呼するということは思い浮かばないのか!
これには笑いが起こるも、直後に「KINGCOBRAとかけまして、今日のお客さんと解く」
「その心は、ヘビーなのがが好き」 普通にウマくて歓声が起こった。
そしてラストナンバーの「マグロに賭けた男たち」では観客たちの中に向けて
マグロの人形が投げ込まれ、フロアの海をマグロが泳ぐ。これも面白いと思いきや
そういえば今年のCOMIN'KOBEで打首獄門同好会も同じことやってたぞ(参照)
だがJin-Machineのマグロ曲の方は調べてみたら2014年リリースということなので
こちらの方が先みたいだ。MCにて交流があると話していた打首の方がパクったのか!?

ポストゴールデンボンバーという呼び声も聞いたことがあるバンドでしたが
演奏では文句無しにこちらの方に分が上がる。そもそも演奏力が高くないと
やれないような展開の多いロックナンバーばかりで、楽曲はどれも素直にカッコいい。
それに加えて笑いを交えたステージでお客さんを存分に楽しませてくれるとなれば
もっと人気が出てもいいはず。少なくともマグロネタをパクった(?)打首と同クラスの
観客動員はあってもいいはずなのに、この日も入場規制まではいかなかったとは・・・
てか楽曲のノリや曲名の数々などがSEX MACHINEGUNSに近くないかと思いきや
やっぱり影響受けてたのか(参照)この対バンは行きたかった!



以上でございます。前半のガールズロック系から後半はノンジャンルの異種格闘技戦と
いった感じでとても楽しかったです。このサーキットフェスの主催者であるFM802は
昔からほとんど聴くことが無くて、自分には縁が無いものだとばかり思ってましたが
いざこうしてミナホに行ってみてアーティストの皆さんを間近で観てみると
素直に素晴らしいイベントを主催してくれたものだなと思えてくる。
この1日目は無かったものの個人的に今年のミナホでさらに1つ嬉しかったのは
ぜんぶ君のせいだ。などのアイドルグループの出演が解禁されたこと。
1つのジャンルに特化したフェスもいいけど、やっぱりそれ以上に音楽フェスは
ジャンルの壁なんてのが無いものの方が主流になって欲しいよなと思う。
一方で昨年のみみめめMIMIや一昨年の綾野ましろさんのような
アニソン系アーティストの出演は今年は無かったみたいだが、
この流れならば来年以降でもチャンスはありそうだし期待したい。
また来年もミナホに行くかもしれません。最後まで読んで頂きありがとうございました。