ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年2月12日日曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(KAMOがネギをしょってくるッ!!!、ガガガSP、0.8秒と衝撃)

(前記事はこちら)

・KAMOがネギをしょってくるッ!!!

2016年8月デビュー、原宿発3人組現役女子高生アイドルグループ。
このグループはスマホでの写真撮影がOKという紹介があったので撮ってきました。
ツイッターでは#カモネギで載せて下さいとのこと。


見た目からして華やかで、楽曲はでんぱ系?「ちゅちゅネギッ!!!」では
「♪右右左右ツムツム」で会場のお客さん達が右へ左へと動きながら盛り上がり
サビの「♪ネギもってまわれまわれ」でメンバー全員が長ネギを持って歌い踊るのが
とても楽しかった。ネギだけにこれからはNegiccoを超えるのが目標か?
なお後で公式サイトをチェックしてみると曲のタイトルが
「ポッピンドッツパケパケ」「ぱにゃにゃんだ、ふんばるんだ。」
「なんか、ハエた。」ってなんだ、コレは。面白いじゃないか!



SPADE BOXのカモネギの後はダッシュで再びAPOLLO BASEに。
ライブハウス前には列ができていて危うく入場規制に巻き込まれるところでした。
開始1分前に入ることができて良かった。自分のスケジュールの組み方は
カモがネギしょってやってくる以上にありえないほどの無茶な組み方をしてるのかも・・・




・ガガガSP

[セットリスト]
・すばらしき人生
・はじめて君としゃべった
・つなひき帝国
・ホイホイ行進曲
・晩秋
・明日からではなく

当ブログ的には今更説明不要、今回もまた興奮と熱狂のライブでした。
4曲目に披露されたCD化されていない新曲「ホイホイ行進曲」は
まるで阿波踊りみたいな曲。両手を挙げて思いっきり踊れてとても楽しかった。
これはリリースされたらぜひツイッターの歌謡ロックbotでも紹介されて欲しい。
MCでも相変わらずコザック節全開。以前にライブで言った「ち〇こが多い方がいい」
というのを、本来は男性客が多い方がいいという意味で言ったはずが、
その後にネット上などではち○こが3本あった方がいいと言ったなどと
誤解されてしまい、その日の対バン相手だった175Rのお客さんからは
何この変態と思われたという話には笑ってしまいました。
さらに前出演者のSTANCE PUNKSをブルーハーツのコピーバンド呼ばわりし
これには裏ですごく怒ってる、ギターの人は頭とんがらして怒ってるなどといった
やりとりもまた面白かった。ギターの人はそういう髪型だ。
だがその一方で「曲は実弾、あなたの心を打ち抜いていく」といった名言も
しっかりと飛び出し、結成20年の貫禄も感じさせてくれた。
6曲目に歌われた「明日からではなく」は小谷美沙子さんの曲のカバーで
ラストにこれをもってきたのは意外。線香花火とかが来るのを期待してたが、
それでも曲の後半からはSTANCE PUNKSの皆さんが客席に飛び入りして
もみくちゃにされるなど最後まで盛り上がれて良かったですよ!




・0.8秒と衝撃

インディーズバンドシーンでは既に有名な男女2人組ユニット。
まず1曲目「シエロ・ドライブ10050」のスタートとともにミラーボールが回り始め
会場がディスコと化す。DJセットの前で歌うJ.M.さんはキュートだったし
塔山さんは場を盛り上げるのがうまい。ミクスチャーロックサウンドも上質で
男女ツインボーカルバンドが好きな者としては十分に楽しめました。
16時30分から始めるぜんぶ君のせいだ。のライブに行くため途中で抜けることに・・・


(続く)



2017年2月11日土曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(ミライスカート、月と太陽、STANCE PUNKS)

(前記事はこちら)

でらロック2日目はダイアモンドホールと同じ建物の地下1階にある
SPADE BOXからスタート。2日目のアイドル系のライブの会場は他の会場とも近いので
良かったですね。これならば目にも止まらぬ速さで忍者のように瞬間移動できる。




・ミライスカート

京都発はんなり&ポップな3人組アイドルグループ。
とある行きつけのキャスにて紹介されていた、昨年リリースの名曲
「千年少女~Tin Ton de Schon~」を2曲目に聴けて良かったです。
デジタルかつポップでアイドルの王道。ルックス的にもこの日見たグループの中で
トップクラスに可愛かった。観客も多かっただけに2017年のブレイク候補か?




・月と太陽

「闇と光の二面性アイドル」というコンセプトで活動する3人組グループ。
ライブは初めてどころか今まで名前も知らなかったグループでしたが
これが思わぬ収穫。ロック系アイドルならではの二面的な魅力を感じた。
しかし今年4月をもってメンバー3人中3人が卒業するらしい。
そして誰もいなくなった。今後は新メンバーでの活動再開があるだろうか?


この後は5階まで階段を駆けのぼってダイアモンドホールに行き
Dizzy Sunfistを約1年半前の青森遠征以来(レポはこちら)ちょっとだけ見て、
そしてまた階段を駆け下りて、隣の建物の地下にあるAPPOLO BASEまで
入場規制になる前にダッシュで行ってきました。こういうフェスでは1組でも多く観たい(定期)




・STANCE PUNKS

今年で結成20周年を迎えた4人組パンクロックバンド。
なんで今までもチャンスがありながらライブに行ったことが無かったの?と
後悔してしまうぐらいに素晴らしいライブでした。
全英語詞で軽快な洋楽風パンクもある中でそれとは対照的なまでに
歌メロからしてジャパニーズパンクで、なおかつ歌詞や歌唱からも
地の底から這い上がるかのような必死さを感じられて、これには感動した!
初期の代表曲の「クソッタレ解放区」も聴けて良かったし、会場も終始大盛り上がり。
MCでこの後登場のガガガSPの皆さんのことを汚いおっさん呼ばわりしてたのには
不覚にも笑ってしまいましたが、これまでよく対バンしてきているだけに
機会があればそちらの方も行ってみたくなりましたね。



(続く