ブログトップ

ガールズロックの名曲紹介が中心のブログ。2018年1月リニューアルオープン。基本的に毎日更新を目標としています。
相互リンクも大募集中。コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2018年1月17日水曜日

CYNTIA「深愛エゴイズム」 (2013/3/20)


2013年にメジャーデビューを果たした5人組ガールズメタルバンド(当時)の
1stアルバムリード曲となった傑作曲。メタルでありながらも華やかでキラキラとしたラブソング。
このバンドは他のどの女性ボーカルハードロック・メタル系バンドの曲とも違う、
鋭さの中にも心地良さを兼ね備えたかのような独特の質感を持った曲を作れるバンドだった。
ガールズメタルってここまで聴きやすく作れるものなのかと当時驚かされたのは
今でも鮮明に覚えている。「メタルを聴きやすい形で多くの人に届けたい」という
インタビューでの発言の通りの曲であり、このジャンルの音楽としては革命的なまでに
本当に万人に向けてお勧めできるほどの楽曲の数々を、メジャーレーベルにおいて
届けるという奮闘を見せてくれていた。それだけに人気ガールズバンドとなって
日本のバンドシーンを変えるぐらいまでの存在になって欲しかったが・・・
結局のところは「ジャンルの壁」「時代の壁」に跳ね返されてしまった印象で、
紆余曲折を経て2016年末にはインディーズで復活アルバムをリリースするも、
2017年末にはギタリストのYUIさんの職業病が悪化してしまったことにより
活動休止が決定・・・今はどうかお大事にして欲しい。早く症状が治って欲しい。
そしていつかまた復活してくれることを望みたいです。


[収録作品]
・Lady Made




2018年1月16日火曜日

SCANDAL「夢見るつばさ」 (2009/10/14)


もはや説明不要、日本のガールズバンドを代表する存在にまで登り詰めた4人組バンドの
初期の傑作曲。淡い恋心を歌った曲でメンバー全員が10代~20歳前後だった頃ならではの
ピュアでひた向きな思いが伝わってくる。ボーカルのHARUNAさんの歌声も綺麗そのもの。
個人的にはSCANDALは1st~3rdアルバムぐらいまでの曲の方が好きだったよなと思う。
昨年リリースのファン投票ベストアルバムにおいてもこの曲は収録曲から外れてしまっただけに
もう二度とこんな曲は聴けなさそう・・・これもみんな大人になったからということだろうか?


[収録作品]
・夢見るつばさ


・BEST★SCANDAL (2009/10/21)




2018年1月15日月曜日

BAND-MAID「Don't you tell ME」 (2017/1/11)


2013年結成、「メイドのバンドのガチロック」をコンセプトに掲げる5人組ガールズバンドの作品。
この曲でも見た目とは相反するかのようなハードロック系サウンドが炸裂、
テンポの速い歌メロにのせて荒削りにグイグイと突き進んでいくような感覚がたまらない。
ギャップ萌えで萌え萌えキュン。現時点で海外人気も得て第2のBABYMETALとの呼び声もあるなど
既にブレイクしてるともいえるが、2018年は日本国内においても本格ブレイクを期待したい。
近年の若手ガールズロック系バンドの中ではトップクラスに華があるだけに楽しみな存在ですね。


[収録作品]
・Just Bring It




2018年1月14日日曜日

BiS「IDOL」 (2012/10/24)


2011年結成、「新生アイドル研究会」の名の通りに従来のアイドルの枠にはまらない
型破りな楽曲やパフォーマンスの数々を見せてくれたグループの、第1期の作品。
いきなり悲鳴のようなシャウトから始まりエモさ全開、Aメロでもシャウト連発、
歌詞は英語に聴こえるが実は全て日本語詞と、アイドルグループの曲としては
とんでもなく型破りでありながらも、Bメロ~サビメロのキャッチーさは最高レベルなのがスゴい。
PVも含めてそのアナーキーさがたまらなくカッコいい、ガールズエモパンクの傑作曲。
2014年解散、その後2016年に再結成されるも現在は後輩グループにあたる
BiSHに押されている印象な上に、2018年3月にはリーダーのプー・ルイさんが
グループを卒業することが決定。果たして今後の活動は大丈夫なのかと心配になってくるが、
それでもBiSはロック系アイドルというジャンルを作り上げた功労者の1組であり
後発の数多くの歌手・グループにも影響を与えたような存在だっただけに、
もう一花咲かせて欲しい。もう脱ぐことはさすがに無いですよね?


[収録作品]
・IDOL is DEAD