ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年2月21日火曜日

[私的名曲ランキング]  2017年1月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。
この企画もついに今回をもって6年目に突入。記念すべき回にふさわしい
マイベスト10となりました。特に1位と2位は超ハイレベルで
どっちを1位にするか最後まで迷ってしまいましたよ。それではいってみましょう。





第10位 アーバンギャルド「あくまで悪魔」 [公式PV]

相変わらず編曲はハイレベル、ピアノもギターも良いメロディを奏でている。
昨年の年間No.1アルバム歌手の上坂すみれさんが好きだと言っているバンドという理由で
再評価してしまうのはさすがに影響され過ぎでしょうか?




第9位 BRADIO「-Freedom-」 [公式PV]

ファンクをここまでスリリングに聴かせてくれるバンドは貴重。
FMラジオや音楽通の間で流行のおしゃれなブラックミュージック風音楽よりも
ロック系アイドルを聴きたいと書いた自分でも、BRADIOは良いと思ってました。
ボーカルがソウルフル、日本語で言うと魂がこもってるのがやっぱり大きい。




第8位 風男塾「証-soul mate-」 [公式PV]

前作に続いてElements Gardenプロデュースでその期待通り、
サビの真ん中で転調するドラマチックかつシンフォニックな曲展開が見事。
まさに歌劇団風の曲。今回でついにマイベスト10最多ランクイン歌手となりました。




第7位 OxT「One Hand Message」 [公式PV]

相変わらずツインギターもボーカルの歌唱力も文句無し。早くアルバム出してくれないかな?




第6位 BLUE ENCOUNT「HEART」 [公式PV]

最新アルバム絶賛ハマり中なのでこの順位でも低めなぐらい。いつアルバム感想書けるか。




第5位 仮面女子「仮面大陸~ペルソニア~」 [公式PV]

以前に「大冒険」という曲が素晴らしかったのにエントリーされてないことがあったが
この曲もまた夢と冒険心に溢れた曲で素晴らしい。AメロやBメロでは
ミクスチャー要素を盛り込みつつも、サビは超キャッチーという曲展開がいい。




第4位 Split BoB「なんでなんでなんで」 [公式PV]

イントロで一発マイベスト10入り、YouTubeのコメント欄には
最近のCYNTIAみたいで良いというのがあったがまさに同じことを思った。
東海地方を中心に活躍するガールズバンドということで今年のNAONのYAON出演あるか?




第3位 オメでたい頭でなにより「ダルマさんは転ばないっ」 [公式PV]

ニコニコ動画系アーティストの赤飯さんを中心に結成された
オメでたいコア、略してオメコアバンド(関西では放送禁止)の作品。
筋トレしたくなるようなバンド最高だと言った通りの曲が現れてくれた。
だるまさんが転んだのパロディに加えて最後はB'zのパロディまで飛び出すのも面白いし、
さらには鍛えているけどメンタルは豆腐のごとしというのも
個人的にすごく共感できる歌詞で・・・他の月なら1位もありましたね。




第2位 DISDOL「VICTORIA」 [公式PV]

サビメロ良過ぎ、間奏のギターソロ良過ぎ、
まるでアニソンみたいな開放感とスケール感のある曲で最高過ぎる。
ロック系アイドルのマイベスト10登場作品だとかつてブログ初登場で1位の
Party Rockets「KASABUTA」を聴いた時以来のハマリ度ではないだろうか。
しかしロック系アイドルグループはBiSH、BIS、BABYMETAL以外は
総じてランキングものの数々に弱いような気がするのは残念。
PASSPO☆やベビレやひめキュン系列ですら各企画においてほとんど上位で見ないような。
こういうのが好きな人はブログでランキングを発表したりアイドル楽曲大賞に投票したりしないんだろうなぁ。
ライブでいくら大きく盛り上がっても数字には表れてくれないのだろうか?




第1位 COLOR COLOR CLOWN「華が如く」 [公式PV]

この企画も6年目に突入したその時に、まさに一生モノの存在になりそうな、
自分の好きなもの何もかも全てを詰め込んだようなバンドに出会えた。
例えるならGacharic SpinとFROZEN CAKE BARと和楽器バンドを足したようなバンド。
公式ツイッターにおいてアニソンダンスロックバンドなどと自己紹介されてたのには
やっぱりそういうのに引き寄せられる運命なんだなと思ってしまった。
結成2年ちょいのバンドでまだアニメタイアップは無いのだが、
これからメジャーになって本当にアニソンを歌えるぐらいになって欲しい。

前アルバム曲の「Rebellion」もスゴ過ぎる。これなんてまさに
Gacharic SpinやFROZEN CAKE BARを初めて聴いた時の衝撃を彷彿させる。
サビの「♪僕はただ一人の 名もなきヒーロー」がこれまたカッコ良過ぎで・・・
ライブ会場限定販売ということでこれは早くライブに行って買わないと!




(今月の次点曲&注目曲)
・ROOKiEZ is PUNK'D「轍-wadachi-」 [公式PV]
最近このバンドいいなと思ってたらアニソンベストを出してたことがあったのか!
オリジナルアルバムは2012年以来出てないらしいので次のリリースが楽しみ。

・ZAQ「Last Proof」 [公式PV]
イントロの口笛入りデジロックサウンドからして名曲を確信した。
相変わらず器用なアニソン系アーティストですね。自分は口笛すら吹けない。

・虹のコンキスタドール「レトルト~華麗なる愛~」 [公式PV]
今月の食べ物ソング枠その1。
作曲ヒャダインで作詞は日本印度化計画の大槻ケンヂという夢のコラボ。
俺にカレーを食わせろと言いたくなる曲が時を超えて再び現れるとは・・・

・打首獄門同好会「歯痛くて feat.Dr.COYASS」 [公式PV]
これだけ面白いのに歯について勉強になるってのがスゴいし、
このバンドが初見ならば余裕でもっと上位に入れてたところでしたよ。
てかDr.COYASSって元デブパレードで現在は歯科医師が本業なのか!そっちの方が驚きだ。

・打首獄門同好会「きのこたけのこ戦争」 [公式PV]
デスメタルみたいな曲で歌ってることは食べ物ソングって相変わらずだな。またライブを映像と一緒に楽しみたいですよ。


(先々月の注目曲)
・オメでたい頭でなにより「wosushi ~ウォールオブ寿司~」

このバンドも打首獄門同好会と同じ路線を目指してるのか!? いい根性してるじゃないか、
とりあえず25日に梅田のタワレコでインストアライブをするそうなので行くと決めました。
タワレコでウォールオブデスがしたいです!ついでに寿司も飛んできてほしいです!



2017年2月12日日曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(KAMOがネギをしょってくるッ!!!、ガガガSP、0.8秒と衝撃)

(前記事はこちら)

・KAMOがネギをしょってくるッ!!!

2016年8月デビュー、原宿発3人組現役女子高生アイドルグループ。
このグループはスマホでの写真撮影がOKという紹介があったので撮ってきました。
ツイッターでは#カモネギで載せて下さいとのこと。


見た目からして華やかで、楽曲はでんぱ系?「ちゅちゅネギッ!!!」では
「♪右右左右ツムツム」で会場のお客さん達が右へ左へと動きながら盛り上がり
サビの「♪ネギもってまわれまわれ」でメンバー全員が長ネギを持って歌い踊るのが
とても楽しかった。ネギだけにこれからはNegiccoを超えるのが目標か?
なお後で公式サイトをチェックしてみると曲のタイトルが
「ポッピンドッツパケパケ」「ぱにゃにゃんだ、ふんばるんだ。」
「なんか、ハエた。」ってなんだ、コレは。面白いじゃないか!



SPADE BOXのカモネギの後はダッシュで再びAPOLLO BASEに。
ライブハウス前には列ができていて危うく入場規制に巻き込まれるところでした。
開始1分前に入ることができて良かった。自分のスケジュールの組み方は
カモがネギしょってやってくる以上にありえないほどの無茶な組み方をしてるのかも・・・




・ガガガSP

[セットリスト]
・すばらしき人生
・はじめて君としゃべった
・つなひき帝国
・ホイホイ行進曲
・晩秋
・明日からではなく

当ブログ的には今更説明不要、今回もまた興奮と熱狂のライブでした。
4曲目に披露されたCD化されていない新曲「ホイホイ行進曲」は
まるで阿波踊りみたいな曲。両手を挙げて思いっきり踊れてとても楽しかった。
これはリリースされたらぜひツイッターの歌謡ロックbotでも紹介されて欲しい。
MCでも相変わらずコザック節全開。以前にライブで言った「ち〇こが多い方がいい」
というのを、本来は男性客が多い方がいいという意味で言ったはずが、
その後にネット上などではち○こが3本あった方がいいと言ったなどと
誤解されてしまい、その日の対バン相手だった175Rのお客さんからは
何この変態と思われたという話には笑ってしまいました。
さらに前出演者のSTANCE PUNKSをブルーハーツのコピーバンド呼ばわりし
これには裏ですごく怒ってる、ギターの人は頭とんがらして怒ってるなどといった
やりとりもまた面白かった。ギターの人はそういう髪型だ。
だがその一方で「曲は実弾、あなたの心を打ち抜いていく」といった名言も
しっかりと飛び出し、結成20年の貫禄も感じさせてくれた。
6曲目に歌われた「明日からではなく」は小谷美沙子さんの曲のカバーで
ラストにこれをもってきたのは意外。線香花火とかが来るのを期待してたが、
それでも曲の後半からはSTANCE PUNKSの皆さんが客席に飛び入りして
もみくちゃにされるなど最後まで盛り上がれて良かったですよ!




・0.8秒と衝撃

インディーズバンドシーンでは既に有名な男女2人組ユニット。
まず1曲目「シエロ・ドライブ10050」のスタートとともにミラーボールが回り始め
会場がディスコと化す。DJセットの前で歌うJ.M.さんはキュートだったし
塔山さんは場を盛り上げるのがうまい。ミクスチャーロックサウンドも上質で
男女ツインボーカルバンドが好きな者としては十分に楽しめました。
16時30分から始めるぜんぶ君のせいだ。のライブに行くため途中で抜けることに・・・


(続く)